読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊長のつまらない独り言

今年社会人になった新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

日本版Zenfone3が正式発表!気になるお値段は?

Android ガジェット

こんばんは!

隊長です。

今日はASUSスマホ「Zenfone」シリーズの最新モデル「Zenfone3」の日本版の正式発表がありましたね。

僕はASUS製品が大好きでZenfoneも持っているのでとても気になっていました。

今回はそのZenfone3について、とくに値段に関する記事です。

 

 


そもそもZenfoneシリーズとは

 Zenfoneは台湾のメーカーASUSによって開発されたSIMフリースマホです。

最近話題になっている格安スマホというやつですね。

現在までにZenfone4, Zenfone5, Zenfone2, Zenfone Go といった端末が発売されています。どの端末も非常にコスパが高く、「その性能でこの価格!?」と驚いてしまいます。

 ちなみに僕はZenfone5, 妻はZenfone Goを使っています。とくに、妻が使っているZenfone Goは値段は19800円でしたが、ブラウジングやアプリ(モンスト等)もサクサク動くしバッテリーもそこそこ動くのでとても驚きました。

 SIMフリーの値段が安いスマホはその分性能が低いという認識でしたが、Zenfoneの登場で、SIMフリースマホの見方が大きく変わりましたね。

Zenfone3について

 そんなZenfoneシリーズの最新モデルがZenfone3です。Zenfone3シリーズには

スタンダードモデルの「Zenfone3」に、さらに高性能な「ZenFone3 Deluxe」、

そして6.8インチの大型モデル「ZenFone3 Ultra」の3つがあります。なお、日本ではUltraの発売はない模様です。

 ZenFone3のスペックですが、以下の記事に詳しく乗っているのでこちらを参考に。

ちなみにこれは日本版とは違うZenfone3のスペックのようです。

androidlover.net

日本語版Zenfone3の特徴

 では、日本版のZenfone3の特徴はどういったものなのか?

まず、発売されるモデルがZenFone 3とZenFone 3 Deluxeの2つだけのようです。

ただ、Deluxeが2種類あるので、実質は3種類のようですね。

www.itmedia.co.jp

 今回の発表で特に僕が気になっていたのが値段です。

今までのシリーズでは日本版だけ値段が高いといったことがあったので、今回はどういった価格設定になるのか?非常に気になっていました。

気になるお値段!海外版と比較して

 では、気になるその価格ですが、ZenFone 3が3万9800円、ZenFone 3 Deluxeが5万5800円、ZenFone 3 Deluxe(5.7インチ版)が8万9800円との事。単純にZenFone3が39800円というのは個人的にはなかなかのコスパかなと。

 しかし、台湾版等と比べると少し値段が高いです。台湾版は26000円~30000円前後ほどで買えるようです。日本版は完全に日本語に対応していること(台湾版は一部対応していないところがあるんだとか)、技適マークがついているなどの利点もありますが、それ以外は台湾版とほぼ同じことを考えると少し高い気がします。

まとめ

 やはり、今回も日本版は高めの価格設定でした。ただ、個人的には単純にZenFone3が39800円で買えると考えるとお得なのではないかなと思います。僕はビビりなので、技適マークがついていないものを使うのって、なんだか心配ですし。僕は発売日に買えるかは分かりませんが購入予定です。

 SIMフリースマホを使っていている方はもちろん、キャリアからSIMフリースマホにしようと思っている方はぜひ検討してみてください。

 

 

 

広告を非表示にする