隊長のつまらない独り言

今年社会人2年目の新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

来館者数10年連続1位の「岡山県立図書館」はすごかった

こんばんは、隊長です。

今日は仕事の合間に時間があったので岡山県図書に行きました。

f:id:happy-applications-maker:20161025223245j:plain

岡山は首都圏でも関西圏でもないし、特別栄えてるわけでもありませんが、

岡山県図書館はなぜか来館者数と貸し出し冊数が去年まで

10年連続全国1位

だそうです。なぜこんなにも人が来るのでしょうか?

 

 

 

実際に行ってみて僕が思ったのは、まず蔵書数が半端じゃないですね。

僕は真っ先にコンピュータ、とくにプログラミング関連の本を調べてみましたが、

オライリーの本が大量にあってビックリしました。

 

僕は図書館なんてないど田舎でずっとすごし、

まともに使っていた図書館は大学の図書館だけなのですが、

オライリーの本そんなにたくさんなかった。

 

オライリーの本がたくさんあるだけで感動しましたね。

僕が読みたいと思っていた本・よく読んでいる本は全部ありました。

全部貸し出し中で一冊も借りられなかったけど

 

結局借りれたのはオライリーとは関係ないPythonの本。

でも、Pythonの本もいっぱいあってとても嬉しい。

余談ですが僕はプログラミング言語の中でPythonが一番好きです。

Pythonに出会ったおかげで他の言語でもかなり綺麗にコードが書けるようになったし。

 

と、本題に戻りまして。

とにかく、岡山県図書館は蔵書数がすごかったです。

他にも、休憩スペースやAVコーナーが充実してたり、

インターネットを使って自宅で本の予約や延長、検索ができたり。

 

先ほども言った通り、図書館なんてない田舎で育ったので、

他の図書館がどうか分かりませんが、すごく便利ですね。

せっかく岡山に移住してきたので、少し距離は遠いですが、これからも

積極的に県立図書館を使いたいと思っています。

 

余談ですが、この県立図書館は岡山城後楽園などの観光地のすぐそば。

本を読むついでに観光もできちゃうんですね。すばらしいです。

f:id:happy-applications-maker:20161025224727j:plain

 

広告を非表示にする