読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊長のつまらない独り言

今年社会人になった新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【ゲーム】「The Tomorrow Children 入植者版」をやってみた【PS4】

ゲーム PS4

こんばんは!隊長です。

今回は今日PS4で配信されたばかりの

「The Tomorrow Children 入植者版」

のお話です。

 

f:id:happy-applications-maker:20161026231653j:plain

 

 

 

 

 製品版と入植者版の違いは?

「The Tomorrow Children」というゲーム自体は実はすでに配信されています。

製品版と今回の入植者版の違いは、入植者版は基本料金が無料のかわりに

一部の機能が課金をしないとできない、というバージョンです。

 

最近PS4はよくあるやつですね。

このゲームは気になっていてリリース当初からやってみたいと思っていたので

さっそくダウンロードしてプレイしてみました。

 

「The Tomorrow Children」ってどんなゲーム?

 

「The Tomorrow Children」は簡単に言いますと、

壊滅した世界を直すために資源を集めて町を作る、というものです。

 

この世界には人間はほとんどおらず、

主人公は「プロジェクション・クローン」と呼ばれる生存者が作った生命体です。

 

f:id:happy-applications-maker:20161026232319j:plain

 

ゲームの流れは、

 

町から島へ移動する

資源を集める

町へ資源を運ぶ

その資源で施設や装備をつくる

島へ移動

 

という感じですね。

入植者版では施設を造ったりはできませんが

資源集めとか敵との戦闘は普通に楽しめます。

 

このゲームの特徴「シングル感覚のマルチプレイ

 

このゲームの特徴は「シングル感覚のマルチプレイということですね。

このゲームはオンラインなので他のプレイヤーも当然同じ町や島に存在します。

しかし、普段は姿が見えず、何かしらのアクションをした時に一瞬だけ見えるのです。

 

なんだか不思議ですね。

一見シングルプレイなのですが、

資源を運んだり、敵と戦ったりといったことを一緒にすることができます。

もちろん、町の発展もです。

 

完全マルチではありませんが、一応奥さんと二人で楽しめました。

これからも少しずつプレイして、面白くなったら製品版を買おうかなと思ってます。

ダウンロードは無料で、PS plusにも加入しなくて済むので、

PS4を持っている方はぜひやってみてください。

 

ではでは~。

広告を非表示にする