隊長のつまらない独り言

今年社会人2年目の新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【プログラミング】Python、もっと流行らないかな

みなさんPythonというプログラミング言語はご存知でしょうか。

たぶんIT系の人なら名前くらい聞いたことがあるかと思います。

僕は一番好きな言語なのですが、日本では知名度が低いので少し寂しいです。

もっと流行ってほしいなと思う次第です。

 

という訳で久しぶりにプログラマーっぽい(?)お話。

 

 

 

Pythonを使うようになったきっかけ

僕が本格的にPythonを使い始めたのは大学生の時です。

高校生の時から名前は知っていましたが、大学に入るまでは基本的にはC言語だけを使っていました。あとはちょろっとJavaをやったくらいです。

 

C言語Javaは、プログラミングをしない人でも知ってる方もいるかな?

 

それから一浪を経て大学に入った僕は、入学直後から大学の図書館に入り浸るようになりました。図書館にはプログラミングの本がたくさんあったので、主要な言語の本を片っ端から読んで、自分のパソコンでコーディングをしてました。

 

色々な言語を試してみましたが、Pythonに一目ぼれしてしまいました。

感動すら覚えましたね。

 

Pythonを好きになった理由

そこまでPythonを好きになった理由はとてもキレイにコーディングが出来たからです。

当時の自分はとりあえず動けばいいやみたいな感じでプログラムを作ってました。

コーディング手法とか全く知りませんでした。

 

インデント?何それ美味しいの?みたいな。

 

そんな僕でも、Pythonでコーディングをするとコードがすっきりして見えました

もちろん、実際にはひどいコードでしたが、当時の僕にしては綺麗なほうでした。

 

Pythonは文法が簡潔なので初心者でもコーディングがしやすく、

インデント(字下げ)を強制的に使うことになるのでコードがスッキリします。

驚きました。

 

これをきっかけに、キレイで保守しやすいコーディングを心掛けるようになりました。

 

理系学生にオススメ

もう一つ、僕がPythonが魅力的だと思ったのがライブラリが豊富です。

自分で1からアルゴリズムを考えなくても、ライブラリを利用するだけで簡単に機能を実装できました。

 

個人的に嬉しかったのが科学計算のライブラリが多い事です。

僕の卒業研究は、簡単に言うと大量に集めたシミュレーション結果を解析するものでしたが、Pythonを使うと非常に楽でした。

 

データの整形、解析、グラフで表示。これらがすべてPythonだけで出来ました。

データ量が多すぎてExcelで扱えなかったのですが、そもそもExcelいらずでした。

(一応言っておきますがExcelをディスってるわけではありません)

 

機械学習とか統計処理とかにも向いてるし、微分積分なんかもできちゃいます。

なので、個人的に理系の大学生にとっても向いてるんじゃないかなと思うのです。

 

もっと流行ってほしい!

そんなPythonですが、あまり日本では流行ってないようです。

 

Rubyがあるからなのかな?僕も詳しくはわかりませんが、

とっても使いやすくて楽しい言語なので、もっといろんな人に使ってほしいですね。

 

僕はPythonが好きなので、もっとPythonが普及するために、何かできることをやりたいなと思っています。

 

では、今日はこのへんで~

 

 

Pythonスタートブック
Pythonスタートブック
posted with amazlet at 16.11.20
辻 真吾
技術評論社
売り上げランキング: 4,830
広告を非表示にする