読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊長のつまらない独り言

今年社会人になった新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【技術的な話】今更Gitを使い始めた

プログラミング

こんにちは!

昨日で仕事納め、のんびり年末を迎えた隊長です。

 

久しぶりに技術的な記事ですが、最近になってGitを使い始めました。Git自体は大学生の時に少し使ったことがあるので知ってはいたのですが、個人ではいらないかなと思って使ってませんでした。

 

IT系の人間でそんなことも知らなかったのかよ!?と思うようなことも出てくるとは思いますが、「新社会人だししょうがないね☆」的な感じで温かい目で見守ってくださると幸いです。嘘ですごめんなさい

今までGitを使っていなかった理由

個人だと必要ないと思った

まず、Git自体の存在は知っていましたし、使ったこともありました。大学生の時図書館に籠ってプログラミングに関する本を片っ端から読んでるときに知り、少しだけ使っていました。

 

業務や大学の研究などで大規模なコーディングをする際にはやっぱりバージョン管理や共有をする上で必須なのかなとは思いました。ただ、プライベートかつ個人でアプリ開発くらいなら規模も大きくないし、共有もしないので必要ないかなと思っていました。

 

Git = GitHubしかないと思い込んでいた

Gitといえばリモートリポジトリにファイルを保存するわけですが、そのリモートリポジトリを提供しているのがGitHubしかないと思い込んでいました。最初に読んだ参考書がGitHubだったので勘違いしたのかもしれませんが....。

 

そのGitHubは無料プランの場合非公開ができず、有料プランにしないといけない。さすがにお金かけるほどではないなー、って感じでした。

 

 

今更使い始めた理由

ではなぜ今更使い始めたのか?理由は、普段プライベートで開発をしているandroidアプリの規模がそこそこ大きくなったことです。

 

僕が作っているアプリは基本単純でクオリティも大したことないです。ただ、2番目に公開し、僕のアプリの中では一番ダウンロードされているアプリ「シンプルメモ」は結構こだわってて、機能も少しずつ充実してきました。

 

アプリについてはこちら↓

happy-applications-maker.hatenablog.jp

どうでもいいけどこの記事だと古くて名前も微妙に違うし機能も違う...次に更新した際にはバックアップ機能とかつけるし、記事も新しく書こうかな....。

 

おっと、アプリの宣伝みたいになってしまいましたね。狙ったわけではないですよ。

話を戻します。とにかく、このアプリがそこそこ規模が大きくなり、バージョン管理が必要になってきました。しかし、GitHubだと公開になっちゃうしなぁ...と検索していたら....

 

 

僕「GitHub以外にもリモートリポジトリを提供しているサービスあるの!?」

僕「しかも無料やん!!」

 

って感じです。ほんと恥ずかしいですね(/ω\) 早速使ってみることにしました。ちなみに選んだのはBitbucketというサービスです。

bitbucket.org

 

こちらは無料でも非公開のリポジトリを作成できました。ありがたや....!チームで共有する場合無料版だと人数制限等あるっぽいですが、個人なので僕には全く関係ありません。満足です。

 

まとめ

すっごい今更でアホな感じの記事ですね.....でも改めてGitを使うと便利ですね。いちいちコピー&ペーストとかやってられないです。まだまだ基本的なことしか知らないので、これからGitについていろいろ勉強していきたいです。今は使ってませんが、いつかは業務でも使うかもしれませんし。

 

年末の休み期間を、結局パソコンしながら過ごしている隊長でした。

ではまた!

広告を非表示にする