読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊長のつまらない独り言

今年社会人になった新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【スマホ】今更人には聞けない、格安SIMのあれこれ ~デメリット編~

こんばんは!隊長です。

今回は前回の記事「今更人には聞けない、格安SIMのあれこれ ~メリット編~」の続きです。

happy-applications-maker.hatenablog.jp

 

格安SIMにはメリットがいっぱいあるわけですが、デメリットや気を付ける点もたくさんあります。というわけで、後半の今回は格安SIMのデメリット編です!

 

 

 

格安SIMのデメリット、契約するうえで考慮すること

通話料が高くなる....とは言えない?

f:id:happy-applications-maker:20170118225627j:plain

 

格安SIMを契約するうえでデメリットとしてよくあげられるのが音声通話です。プランが豊富に用意せれているデータ通信に対し、音声通話は定額サービスも少なく、電話をすればするほど通話料が高くなってしまいます。

 

だから通話をたくさんする場合は格安SIMにするとキャリアよりも高くなる!というのが常識みたいになってましたが....。

音声通話は格安SIMの弱点ではなくなりつつある?

そういった声を受けたのか、近年では音声通話もお得になるようなサービスが続々と登場してきています。よくあるのが一定期間の通話が無料になる定額コースです。例えばocn モバイル oneや楽天バイルなら最初の5分間までは無料でそれ以降は通話料がかかる、みたいな感じです。短い電話を何度も繰り返す、という方ならこれでも問題なさそうですね。

 

格安SIMによっては大手キャリアのように定額で無制限に通話ができるサービスも提供され始めています。他にもIP電話が無料で使えたり、プレフィックス番号(電話番号の前に特定の数字を足すだけで通話料が半額になるもの)を導入しているものもあります。

 

多少の通話なら格安SIMのほうがお得かも

大手キャリアと比べるとまだまだで、仕事でもプライベートでもバリバリ電話するぞ!という方はやはり格安SIMにするのは厳しいかもしれません。

 

逆に、電話はガラケーを使っている両親にたまに電話するくらい、という方なら格安SIMでも十分だと言えます。音声通話に関しては自分がどれくらい通話するかをじっくり考えて判断しましょう。

キャリアメールが使えなくなる

f:id:happy-applications-maker:20170118231456j:plain

 

これも音声通話と同じくらい言われることですが、「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールは当然ですが使えなくなります。しかし、個人的にはこちらはあまりデメリットではないと思っています。

多くの場合はフリーメールで代用できる

スマホならGmailやYahooメールといったフリーメールで代用することができます。最近はLINEが普及していますし、むしろメールでやり取りする人も減っているのではないかと思います。少なくともプライベートな用途ならキャリアメールは不要な気がします。

LINEの「年齢認証問題」はLINEモバイルで

キャリアメールが使えなくて一番困ることと言えば「LINE」で年齢認証ができないことです。年齢認証ができないとID検索などができないので不便と言えば不便です。しかし、ID検索以外でも友達になる方法はいくらでもあるのでそこまで困らない気がします。

 

どうしても年齢認証したい場合はLINEが提供している格安SIM「LINEモバイル」を使うという手があります。LINEモバイルは値段や速度的には特別優れているわけではありませんが、LINEの年齢認証ができるなどLINEをよく使う人ならいろいろと便利なサービスが用意されています。

速度が遅いことが多い

f:id:happy-applications-maker:20170118232336j:plain

 

全ての格安SIMの速度を測ったわけではありませんが、一般的に格安SIMの回線速度は大手キャリアよりも遅い傾向にあると思います。遅いとは言っても使い物にならなくてストレスがたまるほどではありませんが、速度を重視する人は気になるかもしれません。

 

大手キャリアでも通勤通学・帰宅の時間やお昼休みなどは速度が遅く感じるかもしれませんが、格安SIMだとそれが顕著な気がしました。

 

出来る限りのことは自分でやる必要がある

f:id:happy-applications-maker:20170118233759j:plain

これについては人によってなんともなかったり、逆にこれが理由で格安SIMにしなかったりします。

 

大手キャリアの場合、電話やネットだけではなく公式ショップでサポートを受けることができます。ドコモでいえばドコモショップですね。分からないことがあればすぐ聞くことができるし、面倒な設定を丸投げすることもできます。

 

格安SIMの場合、そういったサポートが受けられないかもしれません。格安SIMを提供している事業者の多くはコスト削減のために実店舗を持たないことが多いです。そのためサポートは受けれても電話かネットのみで、大手キャリアと比べると手厚いサポートが受けられないかもしれません。

 

メリットのところで「インターネットで契約できる」と言いましたが、言い換えればどういったプランにするかなども自分で判断しなければいけませんし、SIMが届いた後の初期設定なども自分でやらないといけません。

 

僕なんかはこういったことに慣れているので、むしろ店に並んだり無駄に店員と会話しなくてこれはメリットにしか感じないのですが、人によっては違うと思います。もし格安SIMにしたいけど実店舗によるサポートもある程度は受けたい、という方はイオンモバイルなど実店舗がある格安SIMを選んだほうが良いと思います。

 

まとめ

2回に渡って格安SIMのメリット・デメリットを僕なりに挙げてみました。ど素人が色々勝手なことを結局何が良くて何が悪いかは人によって多少は左右すると思います。

 

なにはともあれ、格安SIMはいいところ・悪いところをしっかりと把握して、上手く使えば快適でなおかつ激安なスマホライフを送れるようになります。大手キャリアに不満がある、という方は「格安なんて怪しい!絶対裏あるよ!!」なんて思わず、一度格安SIMのことも考えてみてはいかがでしょうか。

 

ではでは~。

 

 

広告を非表示にする