読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊長のつまらない独り言

今年社会人になった新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【レビュー】「文章力の基本」を読んだ感想。内容は薄いが読み物としては〇【本】

f:id:happy-applications-maker:20170214191058j:plain

昨日の夜からのどが痛く、朝になってものどの痛みが引きませんでした。それどころか鼻水が出たり微熱があったりと、完全に風邪でした。

 

そのため今日は大事をとって仕事をお休みして一日安静にしていました。といってもずっと寝込んでいないといけないほど症状が重い訳ではないため、今日はいろいろと本を読んでいました。その中で、先日購入した「文章力の基本」という本について思うことがあったので感想をお話しします。

 どんな本?

今回紹介するのはこちらの「文章力の基本」です。

 

文章力の基本
文章力の基本
posted with amazlet at 17.02.14
阿部 紘久
日本実業出版社
売り上げランキング: 3,689

 この本は正しい文章を書くためのノウハウが書かれている本です。本の構成としては各項目ごとに簡単な説明と実際の文章を使った文例がたくさん載っています。誤っている文例と正しい文例を比較しながら見ていくことで、正しい文章を書く方法を学ぶという内容になっています。

 

購入した理由

f:id:happy-applications-maker:20170214191111j:plain

この本は2,3日前にたまたま立ち寄った書店で中身をチラ見して、面白そうだったので購入しました。

 

僕は普段、いろんな文章を書きます。仕事はもちろん、このブログやTwitterもそうです。最近は空いた時間にフリーライターとして記事執筆の活動もしており、ますます文章を書く機会が増えています。

 

でも、僕は自分の文章にはあまり自信がありません。文章なんてとりあえず数書いてればいずれ慣れてきて自由にかけるようになるだろう、とか軽く思っていました。確かにたくさん書くことは大事だと思いますが、やはり基礎も必要だよなぁと最近思い始めたのです。

 

そういった理由で、今回この本を手に取りました。

読んだ感想

文章の基本を豊富な文例で教えてくれる

この本は文章を書く上で大切なテクニックを豊富な文例を使って教えてくれます。具体的な文章を見ながら学ぶことが出来るので理解しやすかったです。

 

例文になっている文章は日常よく使うような文章が多く、「あ、これ僕も間違って使ってるわ」と思うことがちょくちょくありました。基本的な内容が多く、「これくらい当たり前やん」ということもいくつかあるものの、改めて基本は大事だと思いました。

内容は薄いのであくまでも「読み物」として

残念なのは、内容がちょっと薄い事です。実際の文章を具体例にして紹介している、とお伝えしましたが、内容は本当にそれだけです。ページによっては「こっちの例が×、こっちの例が〇」とだけ書いていて、なぜそうなるのかは全く書かれていません。

 

感覚的に「確かに修正された文章のほうが違和感がないな」と納得はできるものの、詳しい文法の解説は一切ありません。本書の中にも「別の辞書や参考書を読んでね」みたいな部分が結構あります。なので、この本だけで本格的に勉強しようと身構えるともやもやするかもしれません。

 

ページ数が少なく、わりとサラッと読めるのであくまでも読み物として楽しむ程度にするのがいいかと思います。

内容・ボリュームの割には値段がちょっと高い

この本の定価は1300円(税別)となっています。1300円という値段自体は高くありません。ただ、この本の内容やボリュームを考慮すると少し割高に感じます。ぼったくり、とは思いませんがもっと安いほうが色んな人の手にとってもらえそうだと感じました。

まとめ

f:id:happy-applications-maker:20170214191123j:plain

今回は「文章力の基本」という本を紹介しました。

 

これさえ読めば誰でも完璧な文章がかける!とはならないでしょうが、基本の確認になりますし、サラッと読めるので読み物としておすすめです。

 

仕事であれ趣味であれ、せっかく文章を書くなら人に伝わりやすい、分かりやすい文章を書きたいですね。僕も、もっと勉強しないとな.....。

 

では、今日はこれくらいで~

広告を非表示にする