隊長のつまらない独り言

今年社会人2年目の新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

【レビュー】Ankerのコスパに優れるBluetoothイヤホン「SoundBuds Slim」をレビュー!

突然ですが、みなさんは「Anker」というメーカーをご存知でしょうか。

 

Google の技術者が作った会社で、低価格でありながら高品質な製品を数多く販売しています。

最近ではモバイルバッテリーが大ヒットしました。他にもスマホの周辺機器を多数販売しており、AmazonでAnkerの製品を目にすることが多いと思います。

 

そんなAnkerが最近発売したのが、Bluetoothによる無線接続ができるイヤホン「SoundBuds Slim」です。

 

Ankerの製品らしくコスパに優れた製品で、Amazonでは発売直後にも関わらず在庫がなくなるほどです。

 

今回はそのSoundBuds Slimを運よく購入できたので、レビューしたいと思います!

 

 

いざ開封!

早速開封していきましょう。箱はこんな感じ。

f:id:happy-applications-maker:20170525221305j:plain

 

 

Ankerらしい、シンプルな箱です。中身はこんな感じ。

f:id:happy-applications-maker:20170525221320j:plain

 

付属品は充電用USBケーブル、ケース、説明書、交換用のイヤーチップ(サイズはXS/S/M/L)とイヤーフック(サイズはS/M/L)、フィットクリップ、シャツクリップです。

 

本体はこんな感じです。

Bluetoothイヤホンなので、ケーブル部分は最低限の長さです。

f:id:happy-applications-maker:20170526215430j:plain

 

 

先端を拡大するとこんな感じ。

f:id:happy-applications-maker:20170526215436j:plain

 

磁石が内蔵してあり、こうやってくっつけることができます。

 

ポーチに収納する時や、使用中に外す時なんかに便利ですね。

 

 

あと、個人的にイヤーチップとイヤーフックのサイズ違いが同梱されているのが嬉しかったです。

 

イヤーチップが標準のものでは少し大きかったので、一番小さいサイズにしたらぴったりでした。

f:id:happy-applications-maker:20170525221328j:plain

 

スペック

SoundBuds Slimの基本スペックはこんな感じです。

 

防水規格 :IPX4

・カラー :ブラック

Bluetooth規格 :4.1

・重さ :約16g

バッテリー稼働時間 : 約7時間

価格 : 2,499円

 

スペックでまず目を引くのが価格です。なんと2,499円

Bluetoothイヤホンとしてはかなり安いです。

 

一昔前だと安いBluetoothイヤホンは音飛びしたり音質が悪かったりで使い物になりませんでした。

しかし、この製品は値段が安いにも関わらずかなり高品質で、驚きました。

 

 このイヤホンの一番の特徴がBluetoothによる無線接続が可能なところですね。

 

僕はBluetoothイヤホンを使うのは初めてですが、やはり線がないだけでかなり快適ですね。

 

 

とくに便利なのがジョギングのときです。

 

いつもiPhone 4sを防水ケースに入れて距離を測りながら走っているのです。

しかし、普通のイヤホンを挿す場合はケーブルを間から通さないといけないため完全に密封できませんでした。

 

Bluetoothイヤホンは無線なので、防水でないスマホを完全密封したうえで走れるようになりました。 

 

そしてこのイヤホン自体は防水加工になっています。

ジョギングしてかなり汗をかきましたが、全く問題ありませんでした。

 

 

また、マイクが内蔵しており、このイヤホンを通して電話ができるそうです。僕はこの機能は使わないのでレビューできませんが、人によっては便利そうですね。

 

 

ペアリングや音量調整も簡単

 イヤホンの設定や操作はこの3つのボタンで簡単い行えます。

 

ちょっと見づらいですが、左が音量ダウンボタン、真ん中が再生ボタン、右側が音量アップボタンです。

 

f:id:happy-applications-maker:20170526211959j:plain

 

真ん中の再生ボタンを3秒長押しするとペアリングモードに入ります。

 

あとは接続したい機器から「SoundBuds Slim」を選択するだけです。ペアリングはかなりあっさりできました。

 

その他の操作としては音量ダウンボタン長押し(2秒)で前の曲にスキップ、音量アップボタン長押しで次の曲にスキップします。

 

また、再生ボタンを押すことで一時停止し、もう一度押すことで再生します。

 

 

このボタンは右耳側のすぐ下についており、装着したままでも簡単に操作できます。

 

最初はちょっと戸惑いましたが、少し使うだけですぐ慣れました。

 

ジョギングしながらでも音量調整や曲のスキップが簡単にできて便利です。

 

 

音質は普通、低音がやや弱め

イヤホンを使うに気になるのが音質ですが、良くも悪くも普通です。

 

決して悪くはありません。でも2,499円という値段ですから、当然数万円するようなイヤホンと比べると劣ります。

 

普段使いやジョギング用途では十分かと。

 

 

ただ、低音はかなり弱いですね。

 

ベース音とかがガンガン響くのが好きだという人だと物足りないかもしれません。

逆に高温はよく聞こえます。

 

どちらにせよ、音質にこだわりがある人には向いていなさそうです。

 

そもそもそういう層をターゲットにした製品ではありませんしね(;^_^A

 

 

音飛びはほとんどない

Bluetoothイヤホンで心配なのが音飛びです。

 

昔は安いイヤホンやスピーカーだと音が飛びまくって使い物にならないこともあったので、このイヤホンも値段だけみるとちょっと不安でした。

 

でも実際は音飛びはほとんどありませんでした。

 

iPhone 4sで使っている際は一度だけありましたが、どちらかというと僕のiPhone 4sがもう限界に近いのが原因だと思います。

Androidスマホ(Zenfone 5)で使った際は一度も音飛びはありませんでした。

 

 

ただ、これについては使用するデバイスとの相性もあります。

 

もし音飛びする場合は別のスマホや端末で使ってみるのが良いかもしれません。

 

まとめ

今回はAnkerのBluetoothイヤホン「SoundBuds Slim」のレビュー記事でした。

 

Anker製品らしく、価格が安くて品質も高い、まさにコスパBluetoothイヤホンです。

 

安価で使い勝手の良いBluetoothイヤホンを探している人、今まで使ったことないけどBluetoothのイヤホンを使ってみたい人などには、かなりおすすめできる製品です。

 

 

広告を非表示にする