隊長のつまらない独り言

今年社会人2年目の新米がIT、ゲーム、サブカルチャー、その他日常のいろいろなことを書き記す雑記的ブログ

月々1,000円以下!格安SIM「mineo」でauのiPhone 5sをお得に活用する

f:id:happy-applications-maker:20171017081438j:plain

 

こんにちは!最近また腱鞘炎気味の隊長です。

 

先日、お古のiPhone 5sを手に入れたのですが、まだまだサブ端末としては十分すぎる性能なので大満足です。

 

基本的に音楽再生とジョギングアプリしか使わないのでSIMカードなしで運用していました。

でも、せっかくau版のiPhoneを手に入れたので、au回線を利用する格安SIMで安く運用してみることにしました。

 

auiPhone 5sが使える格安SIMは?

現在格安SIMは600種類以上あると言われていますが、auiPhone 5sが使えるものはほとんどありません。

 

格安SIMは回線をドコモから借りているものとauから借りているものの2つに大別できます。

 

au版のiPhone 5sSIMロック解除auSIMカードしか使えないようにする制限を解除すること)ができないので、格安SIMで使うためにはauから回線を借りているものを選ばないといけません。

 

さらにauの端末の場合はau VoTLE(4G回線を使って電話ができる機能)に対応しているかどうかでSIMロック解除の要不要や使える格安SIMに違いが出てしまいます。

 

長くなるので詳しいことは割愛しますが、とにかくauの端末で格安SIMを使うのはドコモと比べるとややこしく、敷居が高いです。

 

そのため、主要な格安SIMのうちauiPhone 5sが使えるものは次の2つしかありません。

 

・mineo(マイネオ)

UQモバイル

 

どちらもテレビCMを積極的に放映しているので、なんとなく名前を知っている人もいるのではないでしょうか。

 

どちらも特徴があり、格安SIMの中では人気なのですが、今回はいろいろ検討した結果mineoを使うことにしました。

 

 

mineoを選んだ理由

料金が安い

mineoを選んだ最大の理由は月額料金の安さです。

 

今回はサブ端末で利用するので音声通話機能はいらず、データ通信量も少なめでOK。

とにかく安く利用したいです。

 

mineoとUQモバイルのもっとも安いプランを比較してみると以下の通りです。

 

格安SIM データ通信量 月額料金
mineo 500MB 700円
UQモバイル 3GB 980円

 

データ通信量はUQモバイルのほうが多いですが、mineoのほうが月額料金が安いですね。約300円しか違いませんが、1年利用すると約3,600円の差になるので、結構大きいです。 

 

キャンペーンを利用すると月々410円で使える 

さらに決定打となったのが、mineoが2017年9月から行っている期間限定キャンペーン「大・大盤振る舞い」です。

 

mineo.jp

 

シングルタイプ(データ通信だけができるプラン)ではなくデュアルタイプ(データ通信と電話ができるプラン)を契約するのが条件ですが、なんと契約してから1年間、月額料金が900円も割引されます。

 

1年間の総額だと9,800円もの割引です。

確かに大盤振る舞いどころではありませんね。

 

一番安い500MBのデュアルタイプは月額1,310円なので、このキャンペーンが適用されると月額410円で利用できてしまいます。

 

電話機能付きなのにワンコインでおつりがくるってかなりの衝撃。

普通にシングルタイプを契約するより安い。

 

最低利用期間がない

さらにうれしいのが、mineoは最低利用期間というものが一切なく、いつ解約しても違約金がかかりません。 

 

ドコモやauといった大手キャリアだと2年毎に契約が更新され、それ以外のタイミングで解約すると10,000円近い違約金がかかります。

いわゆる「2年縛り」というやつです。

 

格安SIMの場合はそういった2年縛りはありませんが、音声通話ができる契約の場合は半年~1年の最低利用期間が設定されており、その期間を過ぎるまでに解約すると違約金がかかる、というものがほとんどです。

 

しかし、mineoではその最低利用期間すらありません。

いつでも解約できます。

 

つまり、

 

・キャンペーンが適用されている間だけ利用し、キャンペーンが切れる直前に解約する

・または音声通話がないシングルタイプに変更する

 

といったことができてしまいます。

これはかなりお得ですね。

 

結局、mineoのほうが安い

f:id:happy-applications-maker:20171018182637j:plain

 

いくつか理由をまとめましたが、結局はUQモバイルよりもmineoのほうが安く利用できる」ということにつきます。

 

通信速度の速さや安定性を重視するならUQモバイルのほうがいいですが、今回はサブ端末で使うので速度はぶっちゃけいりません。

 

とにかく安く使いたかったので、mineoを選びました。

 

 

 

実際の使い勝手は?

 

通信速度は普通、ただし昼はかなり遅い

格安SIMを使う上でやっぱり気になるのが通信速度です。

実際にアプリを使って計測してみました。

 

まずは朝の7時前に計測した結果です。

f:id:happy-applications-maker:20171016212818p:plain

 

 

休日ということもあり、通信速度はかなり速いですね。

動画再生やアプリのダウンロードも余裕でした。

 

 

続いて、同じ日の13:30ごろの結果です。

 

f:id:happy-applications-maker:20171016213104p:plain

 

さきほどと比べると遅くなったように感じるかもしれませんが、むしろこれがmineoでは普通です。

 

この速度でも標準画質の動画再生、ゲームアプリのプレイくらいは問題なし。

ただし高画質な動画の再生やアプリのダウンロードは厳しいです。

 

そして、問題なのがお昼(12:00~13:00)の時間帯です。

 

この時間帯はスマホを使う人が多くなり、どの格安SIMでも通信速度が落ちてしまいますが、mineoはとくに速度が遅いです。

会社や学校の昼休みにデータ通信をたくさん使うという人にはmineoは厳しいです。

 

そして....肝心なお昼の計測結果の画像を撮り忘れました....(;^_^A

夕方や夜の結果を含めて、また後日追記します。

 

公式アプリの使い勝手が良い 

mineoには「mineoスイッチ」という公式アプリが用意されています。

 

f:id:happy-applications-maker:20171016213757p:plain

 

このアプリを使えば、

 

・利用したデータ通信量および残容量の確認

・データ通信の節約機能のオン/オフ切り替え

 

スマホからワンタッチでできます。

 

データ通信量の少ないプランを使う際は、データ通信量を簡単に確認できる手段が用意されているかどうかは重要です。

 

また、意外と便利なのが「データ通信の節約機能のオン/オフ切り替え」です。

 

ドコモやauでも、スマホでネットをしすぎると速度制限にかかりますよね?

節約機能をオンにすると、データ残量に関わらずそれと同じ状態になります。

 

言い換えれば通信速度をわざわざ遅くしているのですが、その代わり節約状態中はデータ通信量を一切消費しません。

 

普段は節約モードにしておき、動画を見たりゲームをしたりするときだけ節約モードを解除することで、データ通信量を賢く節約できます。

 

低速中でもTwitterやLINEはできますし、ジョギングアプリも動作してくれます。

なので僕は基本的に節約モードをオンにして使っています。

 

コミュニティサイト「マイネ王」が面白い!

mineoを語る上で欠かせないのが会員専用のコミュニティサイト「マイネ王」です。

 

会員同士でわからないところを質問しあう「Q&A」や自由に雑談できる「掲示板」などがあります。

「いいね」とかコメントもできるので、なんだか一種のSNSみたいです。

 

これが意外と楽しいです。

僕も試しに「mineoデビューしました!」的なことを掲示板に書いたらいいね20個くらい、コメント15個くらいついて驚きましたw

 

同じサービスを使っているユーザーと交流できるのは他の格安SIMにはない、mineoの魅力の1つと言えるでしょう。

 

まとめ

mineoでは大・大盤振る舞いキャンペーンを11月9日までに申し込むと電話機能付きのSIMが最安だと月額410円で利用できます。

 

データ通信専用のシングルタイプなら普通に申し込んでも700円からとかなり安いですが、それ以上の安さで利用できるのは驚きです。

 

auiPhone 5sが余っている人は、ぜひこの機会にmineoを利用してみてはいかがでしょうか。