隊長のデジタルな独り言

格安SIMとスマホを中心にパソコンやガジェットなどの話題を取り扱っています。

iPadのアクセサリーを購入したので簡単にレビュー

f:id:happy-applications-maker:20171105150545p:plain

 

 

先日iPadを衝動買いした隊長です。

 

happy-applications-maker.hatenablog.jp

 

本当は同時にアクセサリーも購入したかったのですが、家電量販店で売っているアクセサリーは高いので別途Amazonで購入し、ようやく到着しました。

 

今回は保護フィルム、ケース、キーボードを購入しました。

いずれも価格は2000円以下と安価でしたが、おすすめできるものばかりだったので簡単に紹介したいと思います。

 

iPadの保護フィルムやキーボードで何を買おうか迷っている人はぜひ参考にしてください(^^♪ 

 

 

保護フィルム

 

まずは保護フィルムです。

以前購入したWindowsタブレットの時と同じメーカー「ELTD」のガラスフィルムを購入しました。

 

 

以前購入した時は約1,000円という安さにも関わらず、高級感のあるパッケージで驚きましたが、今回購入したiPad用の保護フィルムも同様に高級感のあるパッケージです。

 

f:id:happy-applications-maker:20171105140117j:plain

 

付属品も以前と同じです。

保護フィルム本体、説明書、クリーナーに加えてウェットシート、ドライシート、固定用シールと、格安品とは思えない充実ぶり。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20171105140637j:plain

 (影になってすいません)

 

貼り付け方も同じ。

 

まずクリーナーで画面を拭き、さらにウェットシート→ドライシートの順に拭きます。

 

その後、保護フィルムを画面に乗せてホームボタンとインカメラの場所を合わせたら固定用シールで固定し、貼り付けるだけです。

 

ディスプレイに乗っけただけで、勝手にすーっと張り付いてくれます。

気泡も全くなく、かなり綺麗に貼り付けることができました。

 

ガラスフィルムなので強度があり、すべりも非常に良いです。

保護フィルムについては全く不満がありません。

満点ですね。

 

 

ケース

ケースは非常にたくさんあるので迷いましたが、価格の安さとデザイン、評価の高さでこちらを選びました。

 

 

 

 

こちらがパッケージ。

シンプルですがしっかり梱包されています。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20171105141044j:plain

 

 

早速装着してみました。

専用ケースなので、サイズはぴったりです。

淡いブルーがとてもきれいで、高級感があります(☆。☆) キラーン!!

 

f:id:happy-applications-maker:20171105141545j:plain

 

 

 

電源ボタンや音量ボタンの部分もズレることなくしっかり確保されています。

 

 

 

f:id:happy-applications-maker:20171105141735j:plain

 

 

 

このケースはスタンド機能も備えており、観覧視点とタイピング視点の2つの置き方ができます。

 

f:id:happy-applications-maker:20171105142008j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20171105142030j:plain

 

 

オートスリープ機能が付いているので、閉じると勝手にスリープになるのでとても便利です。

 

耐久性は使ってみなければ分かりませんが、今のところはケースも大満足です。

 

キーボード

最後にキーボードです。

キーボードはBuetooth接続さえできれば基本的になんでもOKなので、候補がたくさんある一方、一番悩みました(;^_^A

 

その結果、以前から気になっていたAnkerのBluetoothキーボードを購入しました。

 

 パッケージはAnkerらしくかなりシンプル。

 

f:id:happy-applications-maker:20171105142733j:plain

 

 

キーボードはシンプルかつスタイリッシュなデザインでかっこい!

 

f:id:happy-applications-maker:20171105143139j:plain

 

 

ウルトラスリムという名前の通り最薄部分はかなり薄いです。

ただし、電源が電池式で、乾電池を入れる部分(キーボード奥)のほうは分厚くなっています。

 

f:id:happy-applications-maker:20171105143352j:plain

 

ただ、この厚みのおかげでキーボードが斜めに傾いているのでタイピングがしやすいです。

 

そして持ってみると分かるのですが、重さは200gとかなり軽いです。

このような乾電池式のキーボードは電池を入れると重くなることが多いですが、電池を入れてもめちゃくちゃ軽いです。

 

持ち運びにはもってこいですね。

 

キー配列がUS配列になっている

このキーボードの注意点としてはキー配列がUS配列になっています。

 

また、半角/全角キーがない、Commandキーがあるなど、どちらかというとWindowsではなくMacのキーボードに近いキー配列になっています。

 

そもそもiPadでキーボードを使う際はショートカットキーの使い方などもWindowsとは違うため、多くの人は初めてこのキーボードをiPadで使うと戸惑うと思います。

 

僕自身も少し分からなくて調べたことがあるので、日本語と英語の切り替え方法などについて、備忘録も兼ねて紹介します。

 

日本語と英語切り替え

まず日本語と英語の切り替えです。

 

Winsowsなんかでは[半角/全角]キーを押すだけでした。

でも、iPadの場合は標準だと[control]+[スペースキー]で切り替えます。

かなり面倒ですね。

 

この切り替え方法が面倒な人はキーボードを接続したあと[設定]→[一般]→[ハードウェアキーボード]にある[Caps Lockで英字モードと切り替え]をオンにしてください。

 

f:id:happy-applications-maker:20171105144548p:plain

 

すると、[Caps Lock]キーを押すだけで日本語と英語の切り替えができるようになります。

 

ショートカットキーはCommandキーを使う

Windowsで用意されているショートカットキー(例:Ctrl+sで保存など)は基本的にはiPadでも使えます。

全て試していませんが、以下の操作は使えました。

 

・保存

・コピー

・ペースト

・全選択

 

ただし、[Ctrl]キーではなく[Command]キーを使います。

例えば保存をする際は[Command] + [s]といった感じです。

 

その他、使ってみた感想

エンターキーが小さい

基本的にはどのキーも押しやすいのですが、[Enter]だけが押しにくいです。

一般的なキーボードよりも[Enter]が小さく、下にある[Shift]キーのほうが圧倒的に大きい。

 

そのため、間違ってShiftキーに指が当たることがあります。

多分慣れれば問題ないと思いますが、Enterは一番大きくしてほしかった。

 

まとめ

今回はiPadの保護フィルム、ケース、キーボードのレビューでした。

キーボードは少し気になる部分もありましたが、概ね満足です。

 

この3つで約4,000円ほどでした。

かなり安いですね。

 

家電量販店にあるやつだとケースだけで10,000円越え、なんてものも....。

正直アクセサリーにそこまで使えねえよ!って感じですw

 

別に高い物を否定するわけではありませんが、安くても良いものはたくさんあります。

アクセサリーは慎重に選びたいものですね。

 

ではでは~。