スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

【格安SIM】DTI SIMの半年お試しプランを5ヶ月間使った感想

f:id:happy-applications-maker:20171116180813p:plain

 

こんにちは!

格安SIMが大好きで現在も4回線契約している隊長です。

 

今年の7月に「DTI SIM」という格安SIMの半年お試しプランを契約しました。

 

happy-applications-maker.hatenablog.jp

 

まだあと1ヶ月無料で使えるのですが、mineoを契約したので必要なくなったのと、念のため1ヶ月早めに終わりたいので今月解約しました。

 

今回はDTI SIMを実際に使ってみた感想を紹介します。

 

 

半年契約して実際にかかった費用は?

半年間「ほぼ無料」で使えるというDTI SIMの半年お試しプラン。

とってもお得なのですが、「ほぼ」と付く通り完全無料ではありません。

 

ではいったいいくらかかったのか?

 

まず契約してから一番最初の請求書です。

 

f:id:happy-applications-maker:20171115173730p:plain

月額料金はしっかり割引され、無料になっています。

しかし、それ以外に事務手数料とSIM発行手数料が発生しており、合計だと「3668円」もかかってますね。

 

 

 

全然無料じゃないやんけ!(○`ε´○)プンプン!!

 

 

 

って思うかもしれませんが、これはどの格安SIMでも最初にかかるのでしょうがないですね。

 

事務手数料とSIM発行手数料がかかるのは契約時のみで、それ以降は一切かかりません。

 

 

続いて、2ヶ月目以降の請求は以下の通り。

 

f:id:happy-applications-maker:20171115174147p:plain

 

なんとたったの3円!

ほぼ0円ですね。

 

2ヶ月目以降は半年後までずっとこの料金で使えます。

 

ちなみにユニバーサルサービス料というのも、キャリアに関係なくかかるお金です。

実はドコモとかauを使う時もユニバーサルサービス料は払っています。

 

さて、半年間にかかった料金をまとめると....

 

 

3668円 + 3円 × 5ヶ月 = 3683円

 

 

となりました。

 

1ヶ月に換算すると約610円です。

(期限ギリギリまで使う場合。僕は1ヶ月早く解約なので月720円くらい。) 

 

なんかこう見ると全然無料じゃない気がしますが、3GBのデータ通信量で月600円ならかなり安いですね。

 

ちなみにドコモとかauと違って2年縛りはないので、途中でいらなくなった場合はすぐに解約してもOK(音声通話SIMは別)。

 

実際僕もあと1ヶ月残っている状態での解約ですが、違約金とかはかかりませんでした。

 

 

通信速度は普通に速かった

半年プランの一番良かったところは安く使えたことなのですが、それ以外だと通信速度が普通に速かったことですね。

 

ネットではDTI SIMはあんまり通信速度が速くない、みたいな意見を目にします。

でも僕の環境ではそこそこ速かったです。

 

計測アプリ「Speedtest」 を使って速度を計測してみました。ちなみに全部平日の同じ日です。

 

・朝

f:id:happy-applications-maker:20171116173320j:plain

 

・昼

f:id:happy-applications-maker:20171116173351j:plain

 

・夕方

f:id:happy-applications-maker:20171115172909j:plain

 

・夜

f:id:happy-applications-maker:20171116173433j:plain

 

 

 まとめるとこんな感じ。

 

時間帯 速度
15.98Mbps
03.32Mbps
夕方 13.07Mbps
05.07Mbps

 

さすがに回線が混雑する昼間は速度が落ちます。

でも3Mbps出ていればソシャゲやSNSくらいなら全然余裕です。

 

それ以外の時間帯はそこそこの速度が出ているので、音楽ストリーミングや動画視聴もバッチリでした。

 

多分、僕が住んでいるところは田舎だから比較的速度が速いのかも。

格安SIMの速度計測をしているサイトは東京でやっていることが多いので、田舎に住んでいる人間にとってはあんまり役に立たないんですよね(;^_^A

 

僕が契約しているIIJmioやmineoなんかも、田舎の場合は普通に速度が速いです。

 

公式アプリがないのは不便

DTI SIMで1番不満だったのは公式アプリがないことですね。

 

今まで使っていたOCN モバイル ONEとイオンモバイル、現在契約しているIIJmioとmineoは公式アプリが用意されています。

 

若干機能に違いはありますが、いずれも通信量や契約内容を素早く確認することができ、わざわざマイページにログインする手間が省けます。

 

OCNモバイルONEにいたってはグラフで1年間のデータ通信量を確認したり、契約プランを変更したりすることもできたりと、かなり高機能でした。

 

LINEモバイルは公式アプリはないけど、LINEアプリから通信量とか請求情報を確認できます。

 

f:id:happy-applications-maker:20171116174136p:plain

 

LINEアプリでLINEモバイルのデータ通信量を確認しているところ。

これまでにどれくらい使ったか、あとどれくらい残っているかがすぐに分かります。

 

 

それに対して、DTI SIMはそういったものが一切ない。

いちいちブラウザからマイページにアクセスしなきゃいけないから、とても面倒くさい。

 

僕の場合、通信量をこまめに確認するのでアプリがないのが本当に不便でした。

サブ端末で使ってたからまだ良かったけど。

 

全体的にサービス内容が乏しい

さきほどの公式アプリがないに関連しますが、全体的にサービス内容や機能が乏しい。

具体的には、以下のような機能に対応していない。

 

・速度切り替え(任意のタイミングで高速通信をオンにしたりオフにしたりする機能)

・バースト転送(低速通信時でも読み込みの最初だけ高速通信が利用できる機能)

 

とくに速度切り替えができないのが個人的にはマイナス評価。

低速中はデータ通信量を一切消費しないので、速度切り替えができると

 

・普段は低速にして動画やゲームを見るときだけ高速通信にする

・低速で音楽ストリーミングやインターネットラジオ、カーナビを長時間利用する

 

みたいなことができます。

実際、僕もmineoでは基本低速にして音楽ストリーミングサービスを垂れ流しにしてたりします。 

 

 

人によってはいらないかもしれませんが、僕みたいに切り替え機能が欲しい人にとっては大きなマイナスです。 

 

解約はネットから簡単にできる

DTI SIMの解約はネットから簡単にできます。

これは他の格安SIMと同様です。

 

手続き方法も簡単。

会員ページにログインしたら、トップページ右下の「解約」を押すだけ。

 

f:id:happy-applications-maker:20171116175721p:plain

 

この手軽さは格安SIMならではですね。

 

ただし、DTI SIMは解約後にSIMカードを返却する必要があります。

返却しないと紛失手数料3,000円を取られることがあるので気を付けましょう。

 

 

まとめ

というわけでDTI SIMの半年お試しプランを使ってみた感想を適当に挙げてみました。

 

細かいことも言いましたが、通信は割と安定していたので普通に使える格安SIMだと思いました。

 

何より、半年感ほぼ無料で使えるのはかなりお得ですね。

 

 

まあ実際は初期費用がかかるので全然無料ではないですがww

 

でも普通にデータ通信量が3GBのプランを契約すると月額900円くらいなので、実質月600円で使えるなら安いでしょう。

 

途中で解約しても違約金はかからないし、手続きはネットから簡単にできます。

 

格安SIMが気になっている人は、ぜひDTI SIMの半年お試しプランを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

世界一簡単にわかる! 選べる! 格安SIM (TJMOOK)

宝島社 (2017-10-21)
売り上げランキング: 82,247