隊長のデジタルな独り言

スマホ、パソコン、ゲーム、ガジェットに関する記事を書いています。

PS4ソフト「モンスターハンター ワールド」レビュー。遊びやすく進化した新しいモンハン!

 f:id:happy-applications-maker:20180128164534j:plain

 

こんにちは! 

モンハン歴10年以上のベテランハンター隊長です。

 

2018年1月26日、待望のシリーズ最新作「モンスターハンターワールド」が発売されました。

僕は3DSになって以降のモンハンはあまり好きではなく、モンハンから離れていましたが、β版をやったところかなり面白かったので、購入してみました。

 

というわけで今回はモンスターハンターワールドのレビューです。

 

※画像の貼り忘れが多いので後程追加します。

 

モンスターハンターワールドとは?

f:id:happy-applications-maker:20180128164839j:plain

 

モンスターハンターワールド (以下モンハンワールド)はモンスターを狩る「ハンター」となり、強大なモンスターと戦うアクションゲームです。

 

PS2で初代「モンスターハンター」が発売されて以降、PSPやWii、3DSなど幅広い機種で続編が発売されており、高い人気を誇ります。

 

モンハンの魅力はずばりマルチプレイ!

1人でもやってももちろん面白いですが、仲間とともに強力してモンスターを倒した瞬間の達成感が半端ないです。

 

僕も初代からWiiのモンハン3までと3DSのモンハン4、そしてPCのモンハンフロンティアもプレイするなど、かなりのモンハンファンでした。

 

しかし、3DSで発売されているモンハンはあまり好きになれず、ここ2年くらいはモンハンをやっていませんでした。

 

今回のモンハンワールドは、オンライン専用を除いて初のPS4のモンハンであることや、初のオープンワールドということもあり、気になっていました。

 

さらに、何回か行われたβテストをやったところ、非常に面白かった!

というわけで、久しぶりに予約までして購入しました。

 

ちなみにゲームを予約して購入したのは3年ぶりくらい(;^_^A

 

 

モンハンワールドの特徴

フィールドがオープンワールドになった

モンスターハンターワールド最大の特徴でもあるのが、フィールドがオープンワールドになったことです。

 

今までのモンハンはエリアごとに分かれており、エリア移動のたびにロードが入っていました。

 

そのため、

 

・移動に時間がかかる

・モンスターに吹っ飛ばされてエリア移動してしまう

・入口付近に切り取った尻尾が飛んで剥ぎ取れない

 

といったことが良く起きていました。

とくに尻尾が剥ぎ取れないのはホント勘弁してほしかった。

 

しかし、モンハンワールドではフィールドはオープンワールドになり、1つの広大なマップとして表現されています。

 

そのため、エリア間のロードが一切ありません。

移動もスムーズだし、尻尾が剥ぎ取れないなんてことも起きません。

 

グラフィックも向上しており、景色がとてもきれいです。

今までのモンハンはグラフィックはイマイチでしたが、今回はかなりリアルですね。

走り回っているだけでも楽しいです。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171438j:plain

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171452j:plain

 

キャラクタークリエイトが今までよりも細かくできる

これまで同様、モンハンワールドも最初に自分のキャラクターを作ります。

いわゆるキャラクタークリエイト(キャラクリ)ですが、今までよりも細かく設定ができるようになっています。

 

今までは決められた中から顔を選び、髪型や声を変えるくらいでした。

モンハンワールドでは目の色や眉毛の形、くちびるなどより細かい部位が設定可能です。

 

 

ちなみに僕のキャラです。

結構かわいいでしょ?

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180128170255j:plain

 

他にも、ものすごいイケメンや実在する有名人、アニメのキャラクターなど、さまざまなキャラクターが作れるようです。

 

ただ、あくまでも今までのモンハンよりは細かいだけです。

髪型はそこまで多くないし、眉毛や目の角度調整などもできません。

 

FF14とかと比べると、まだまだですね。

 

ちなみに今回はオトモアイルーのクリエイトもできました。

僕は全身真っ黒の黒猫にしました。

めちゃくちゃかわいいです。

 

f:id:happy-applications-maker:20180128171920j:plain

 

アクションが大幅に進化

前作や前々作をやってないので、あくまでもMH4との比較ですが、アクションがかなり進化してますね。

 

正直モンハンのアクションはマンネリしててそこまでスタイリッシュではなかったのですが、今作のアクションはダイナミックなものが多くて、見てるだけでも楽しいです。

 

個人的には双剣、大剣、チャージアックスあたりが派手で好きです。

 

とくに大剣の真・ため切りは必見!

あの大きな剣を振り回すのはかなりの迫力です。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171542j:plain

 

なかなかいい写真が撮れない(;^_^A

 

ピッケルや虫あみの概念がない

今回個人的に特に驚いたのが、ピッケルや虫あみの概念がないことです。

 

いや、採掘はできるし、虫も取れます。

でも、ピッケルも虫あみも買わなくていいんですよ。

 

何も持ってなくても採掘ポイントに行ったら採掘できるし、虫がいたら手でぱっと捕まえます。

 

あと、砥石も無限に使えます。

砥石もピッケルや虫あみと同じで所持アイテムには含まれていません。

 

いちいち買わなくていいし、アイテムポーチを圧迫しないので便利です。

と同時に、なんだかちょっぴり寂しい。

 

採掘に出かけたあとにピッケルないのを思い出してリタイアしたり。

買ったばかりのピッケルグレートが2,3回で壊れたり。

逆にボロピッケルがクエスト終了まで壊れず残ってたり。

 

こういうの、不便だけど結構好きだったんですよね。

便利は便利だけど、長年ハンターやっていた人間としては寂しくも感じました。

 

武器の派生マップが見られる

モンハンの醍醐味と言えば新しい武器や防具を作ることですね。

とくに武器の場合はどんどん強化して派生させることで、より強力になります。

 

これまでのモンハンでは強化する際に確認できるのは次の段階だけで、最終的にどういった武器になるのかはわかりませんでした。

 

しかし、モンハンワールドでは武器を強化する際の派生マップが見られるようになりました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171735j:plain

 

 

このような拡大表示も可能。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171750j:plain

 

目当ての武器を作るにはどの武器からどう派生させればよいのかがわかるので、効率良く武器を強化できます。

個人的にはかなりうれしい機能です。

 

ただし、最初からすべて見られるわけではなく、素材が無かったりストーリーが進んでいないと武器名や素材が「?」になっている部分が多いです。

 

ウィッシュリストで必要な素材をいつでも確認できる

装備関連でもう1つ便利なのが「ウィッシュリスト」です。

 

生産したい武器や防具、または強化先の武器をウィッシュリストに入れておくと、必要な素材をいつでも確認できます。

 

素材を集めていると、

 

「あれ、この素材あと何個いるっけ...?」

 

ってことがよくあります。

 

そんなときに、ウィッシュリストにいれておけばどの素材が何個必要かがクエスト中にも確認できます。

 

今まではスマホのメモ帳にメモしながらクエストをしたりしてましたが、もうその必要はありません!

 

一度クエストに出撃すると、何度も連続して出撃できる

モンハンワールドではクエストをクリアした際に、

 

・メンバーを維持してキャンプに戻る

・離脱して調査拠点に戻る

 

から選ぶことができます。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129172648j:plain

 

「離脱して調査拠点に戻る」を選択するとこれまで通りクエストクリアで拠点に戻るのですが、「メンバーを維持してキャンプに戻る」を選ぶとキャンプに戻って探索を続けることができます。

 

今作では制限なく自由にフィールドを「探索」できるようになっています。

探索中は何度やられてもゲームオーバーになりませんし、時間も無制限です。

 

しかも、探索中にキャンプで受付嬢からクエストを引き受けることも可能です。

いちいち拠点に戻らなくてもいいので効率的に素材集めができます。

 

さきほどのウィッシュリストも併用すれば装備作成がかなり捗りますね。

 

クエストに途中から参加できる

今までのモンハンでマルチをする際はクエストに出発する前にメンバーをそろえる必要がありました。

 

しかし、今回のモンハンではクエストに途中から参加できるようになりました。

 

クエストの貼り主がクエスト中に「救難信号」を出すと、他のプレイヤーが途中から参加することができます。

 

途中参加する場合は掲示板や受付嬢から「救難信号クエストに参加」を選びます。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171931j:plain

 

 

助けてもらいたい時はクエスト中に「救難信号」を発信します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129171852j:plain

 

1人で出発したけど倒せそうにないときなど、ピンチのときに他のプレイヤーに助けてもらえます。

初心者にとってはありがたいシステムではないでしょうか。

 

クエスト出発後に装備を変更できる

今までのモンハンは一度クエストに出発すると装備の変更ができませんでした。

 

しかし、モンハンワールドではクエスト出発後もキャンプから装備の変更ができるようになりました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180129172230j:plain

 

装備を間違えてもいちいち戻らなくても良いので助かりますね。

 

モンハンワールドのマイナスポイント

今までのモンハンと比べて大きく変化したモンハンワールド。

便利になったところもいっぱいありますが、少しマイナスなポイントもいくつかありました。 

 

マップが複雑&高低差があって迷いやすい

モンハンワールドはフィールドがオープンワールドになっているのが特徴でした。

しかし、そのせいでかなり迷いやすいマップになっています。

 

マップがかなり広く、しかも複雑なので最初は目的地にたどり着くのも一苦労。

しかも高低差がかなりあるので、地図ではすぐそこなのに実際には降りたり上ったりしないといけないことが多いです。

 

今までのモンハンのフィールドが狭くて単純だった分、余計複雑に感じます。

 

道案内をしてくれる導蟲(しるべむし)のおかげでなんとかモンスターを追えますが、慣れないうちは一苦労です。

 

クエストが始めるまでのロードが長い

今までのモンハンはクエストを受けて入口から出発するを押せばすぐに出発できました。

 

しかし、今作はクエストを受けてから始められるまでのロードが長いです。

 

この画像のように、クエストの情報読み込みが終わるまで出発ができないのです。

 

f:id:happy-applications-maker:20180128172313j:plain

 

ロード中に準備をして待つこともできますが、僕は準備を万端にしてからクエストを受けるタイプなのでただただ待つしかありません。

 

今までのモンハンはクエストを受けたらすぐに出発できたので、それと比べるとテンポが悪い。

 

クエストに出発してからロードがあるのは今まで通りなので気になりませんが、この読み込みの長さは少し気になりました。

 

まとめ

というわけで、モンスターハンターワールドのレビューでした。

少し気になる点はあるものの、今回はモンハンは久しぶりに良作ではないかな、と個人的には思います。

 

僕のように最近のモンハンが好きになれず離れていた人も、十分楽しめると思います。

モンハンファンなら、ぜひ一度プレイしてみてください!

 

ではでは~。

 

 

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4
カプコン (2018-01-26)
売り上げランキング: 1