スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

UQ mobileを無料で試せる「Try UQ mobile」を申し込んでみた!

f:id:happy-applications-maker:20180218164351p:plain

 

こんにちは!

格安SIMマニアの隊長です。

 

格安SIMマニア、とは言いますがまだまだ使ったことがない格安SIMもチラホラ。

その中の1つがUQ mobile(UQモバイル)」です。

 

最近ではユニークなCMでも話題ですね。

通信速度が速いとか、通話がお得になるとかでかなり人気なのですが、実はまだ一度も使ったことがありません。

 

僕の使い方にはUQ mobileは合わないんですよね(;^_^A

電話はほとんどしないし、動画も見ないから通信速度は速くなくていいし....。

 

でも、格安マニアとして使わないのはなんかなぁ....。

と思っていたところ、そういえばUQ mobileを無料で試せる「Try UQ mobile」というのがあるのを思い出しました。

 

Try UQ mobileなら完全無料でUQ mobileを試すことができます。

というわけで、「Try UQ mobile」を実際に申し込んでみました。

 

 

 

 

Try UQ mobileとは?

Try UQ mobileはUQ mobileを無料で15日間試せるサービスです。 

SIMカードはもちろん、なんとUQ mobileのスマホもレンタルできます。

 

発送通知から15日目に返却しないといけないので、実際に利用できるのは10日前後になりますが、それでも完全に無料なのはありがたいですね。

 

UQ mobileを使ってみたいけどちゃんと使えるのか気になる、という人はまずTry UQ mobileを試してみるのがおすすめです。

 

Try UQ mobileの申し込み方法

Try UQ mobileの申し込みは、Webもしくは書類で申し込めます。

書類の場合はいちいちUQお客さまセンターに電話してから申し込まないといけないので面倒くさいです。

 

したがって、基本的にはWebから申し込みます。

 

Webからの申し込みは以下のページからできます。

 

www.uqwimax.jp

 

「Try UQ mobileのお申し込み」を選択します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217175249p:plain

 

 

利用規約が表示されるので、「同意する」にチェックを入れ「申し込む」を選択します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217175344p:plain

 

 

メールアドレスと開通コード送付先を入力します。

 

開通コード送付先はSMSと携帯メールアドレスから選びます。

僕は格安SIMを利用しており、携帯メールアドレスが使えないのでSMSを選択しました。

 

入力し終わったら、「仮登録」を選択します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217175549p:plain

 

 

これで仮登録が完了です。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180217175616p:plain

 

 

しばらくすると、開通コードが掲載されたSMSが届きます。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180217175926p:plain

 

 

同時に、本登録用のメールが届くので、メール内の「認証URL」をクリックします。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180217180012p:plain

 

開通コード入力のページになります。

さきほどSMSで届いた開通コードを入力し、「確認する」を選択します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217180130p:plain

 

 

本格的な申し込み画面に移行します。

ここでレンタルしたい機器や送付先情報、クレジットカード情報を入力します。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217180204p:plain

 

ちなみにレンタルできる機器は

 

HUAWEI nova 2

AQUOS sense

・arrows M04 PREMIUM

・DIGNO V

HUAWEI P10 lite

AQUOS L2

AQUOS L

HUAWEI P9 lite PREMIUM

SIMカードのみ(micro, nano, マルチSIM)

 

から選べます。

 

僕はHUAWEI nova 2を選びました。

 

 

情報をすべて入力し、「確認する」を選択すると最終確認画面に移行します。

問題がなければ「登録する」を選択します。

これでTry UQ mobileの申し込み手続きが完了です。

 

f:id:happy-applications-maker:20180217180531p:plain

 

 

3日後に到着

申し込んだのは土曜日だったのですが、翌日の日曜日に発送されました。

発送はゆうパックです。

 

さらに翌日の月曜日のお昼には最寄りの 郵便局についたのですが、僕が時間指定を午前中にしていたので保管され、火曜日の午前中に到着しました。

早いですね!

 

 

こんな感じで届きました。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180220165029j:plain

 

 

中身は

 

HUAWEI nova 2本体

SIMカードとSIMピン

・ACアダプター

・USB Cケーブル

・注意書き

 

が入っていました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180220165220j:plain

  

端末の初期設定

さっそくHUAWEI nova 2を起動してみました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180220165721p:plain

 

今回は本体セットを頼みましたが、SIMカードの挿入やAPN設定などは自分でしないといけません。

 

とは言っても、とても簡単です。

 

SIMカードを挿して端末を起動したら、自動的にAPN設定の画面になります。

そこで「UQ mobile」をタップするだけです。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180220165809p:plain

 

 

 

 

 

通信速度を計測してみた!

さっそくUQモバイルの通信速度を計測してみます。

 

せっかくなので、すでに契約している

 

LINEモバイル

IIJmio

・mineo(Aプラン)

楽天モバイル

 

と一緒に計測し、比較してみました。

 

ちなみに楽天モバイルは低速通信しか使えないベーシックプランなので比較する意味はないと思いますが念のため。

 

計測方法は朝、昼、夕方、夜の時間帯に連続で3回ずつ測定し、平均値を出しました。

計測地域は個人情報の観点から詳しくは言えませんが、西日本の田舎とだけ言っておきます。

恐らく、東京や大阪といった大都会とは違った結果になると思います。

人口が違いすぎるので....。

 

 

測定にはアプリ「Speedtest」を利用しました。 

こんな感じで結果が出ます。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180220174851p:plain

 

 

画像を全部貼るとかなりの量になってしまうので、グラフにまとめました。

ちなみに単位はすべてMbpsです。

 

 

・朝(8:00分前後)

 

f:id:happy-applications-maker:20180221230624p:plain

 

まずは比較的回線が空いている朝の時間帯。

UQモバイルは平均で50Mbps以上出ていました。

速いですね。

 

他の格安SIMもまずまずの速度が出ているのでとくに不便ではありませんが、すごい差があります。

 

楽天モバイルは....まあ、低速プランですからw

 

 

・お昼(12:30分前後)

f:id:happy-applications-maker:20180220174417p:plain

 

格安SIMの鬼門でもある平日のお昼です。

学生さんや会社員が昼休みとなり、一斉にスマホを使いだすので回線が混雑し、通信速度が極端に遅くなります。

 

LINEモバイルIIJmioは1Mbpsを下回り、mineoも1Mbpsをキープするのがやっと。

 

でもUQモバイルはそんなことはものともせず爆速ですね。 

 

「これ何かの間違いでは????」

「実はWi-Fiの速度を計測してしまったのかな????」

 

と思って何度か測りなおしましたが80Mbps前後でます。

恐ろしい.......。

 

 

 

・夕方

f:id:happy-applications-maker:20180220223228p:plain

 

帰宅ラッシュでお昼の次に混雑しやすい時間帯。 

全体的にお昼より速い速度が出ている中、UQモバイルは昼より遅いですね。

 

それでも速すぎて他が相手にならないのは変わらずw

 

 

・夜

 

f:id:happy-applications-maker:20180220223255p:plain

 

昼や夕方と比べると比較的速度が出やすい時間帯。

IIJmioLINEモバイルもそこそこの速度ですが、UQモバイルは比べ物にならないくらい速いですね。

 

それよりmineoさんがUQモバイルに負けない速度でびっくりしています。

サブ端末で使っているのであまり通信を利用しませんが、夜はmineoを使ってもいいかもしれないなぁ。

 

最後に、下りの速度を表にまとめてみました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180221231236p:plain

 

圧倒的ですね。

朝や夜はこれくらいだろうと思いましたが、昼もこんなに速いとは...。

 

まあ、これは人口が少ない田舎たからで、都会だとさすがにここまでならないと思いますがw

 

それでもすごいです。

やっぱりUQモバイルの速度は伊達じゃないですね。

 

HUAWEI nova 2ミニレビュー

ついでなので、一緒にレンタルしたHUAWEI nova 2のレビューをちょっとだけ。

 

HUAWEI nova 2のスペック

nova 2のスペックを簡単にまとめるとこんな感じ。

 

・OS:Android 7.0

・CPU:Kirin 659

・メモリ:4GB

・ストレージ:64GB

Wi-Fi802.11b/g/n

・メインカメラ:1200万画素+800万画素

・インカメラ:2000万画素

 

スペック的にはミドルハイクラスといった感じですね。

OSが8.0じゃなかったり、Wi-Fiが11ac未対応だったりと、ちょいと残念なところもあり。

 

しかし、このスペックで定価が30,000円ってのが恐ろしい。

 

Antutuを使ってベンチマークを測ってみました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180220175918p:plain

 

総合数値は82781。

スコア的にもミドルスペックとハイスペックの間って感じですね。

 

よほどヘビーでなければゲームなんかも普通にプレイできます。 

 

価格が30,000円くらいでこのスコアってことを考えると、コスパはかなりいいのではなかろうか。

 

ダブルレンズカメラはかなりきれい!

nova 2の売りでもあるダブルレンズカメラ。

Leica製ではないのでP10なんかには劣るでしょうが、とても30,000円のスマホのカメラとは思えないぐらいきれいでした。

 

f:id:happy-applications-maker:20180221225637j:plain

 

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180221225650j:plain

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180221225746j:plain

 

素人がオートモードでパシャパシャするだけでこんな感じになります。

知識のある人がプロモードとか使ったら、もっと本格的な写真が撮れそう。

 

Try UQ mobileの返送方法

Try UQ mobileの返送は添付されているゆうパック着払い伝票を利用します。

 

送付先はすでに印字されているので、こちらの住所や名前を書いて郵便局やローソンなど、ゆうパック取扱店に持ち込んで発送するだけです。

 

注意点としては、出荷メールに記載されている返却期限日に必着するようにしないといけません。

 

返却期限日までに郵便局に出しても、届くのが返却期限日より後だと延滞したことになり、違約金が発生するかもしれないので気を付けましょう。

 

余裕を持って、4,5日前には発送したほうが安全です。

まとめ

というわけで、「Try UQ mobile」の申し込みから、速度測定、返送まで一通りこなしてみました。

 

とりあえず、UQmobileの通信速度は本当に速い。

人口が多い都会ではもう少し速度が落ちるのかもしれませんが、それでも平日の昼間にあれだけ速度が出るとは思いませんでした。

 

「Try UQ mobile」はそんなUQmobileを15日間完全無料でお試しできます。

UQ mobileが気になる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?