スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

【日本版も!】ZenFone 5Z / 5 / 5Q 発表!5Zはスナドラ845搭載で6.98万円!!

f:id:happy-applications-maker:20180515171317j:plain

(画像はASUS公式ストアより) 

 

バルセロナで行われたスマホ見本市「MWC2018」で、ASUSからZenFoneシリーズの最新モデルである、

 

 

「ZenFone 5Z / ZenFone 5 / ZenFone 5Q」

 

 

が発表されました。

 

ZenFone 5という名前のスマホは一度発売されており、僕が初めて購入したAndroidスマホでもあります。

 

その最上位モデルでもある「ZenFone 5Z」は最新のSoC「Snapdragon 845」を搭載しながら約6万円という破格の安さ!

 

個人的には同じMWC2018で発表されたGalaxy S9やXperia XZ2よりも衝撃的で、かなりテンションが上がっています!

 

というわけで早速最新情報をまとめてみました!

 

18/05/15追記:ついに日本版の情報がでました!!

 

18/05/18追記:日本版ZenFone 5を購入し、レビューしました。

 

ZenFone 5(2018)レビュー!実際に使ってみた感想・評価 - 隊長のデジタルな独り言

 

 

 

ZenFone 5シリーズは3種類!

今回発表されたZenFone 5シリーズは以下の3つです。

 

・ZenFone 5Z

・ZenFone 5

・ZenFone 5Q

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

Snapdragon 845 搭載で約6万「ZenFone 5Z」 

ZenFone 5ZはZenFone 5シリーズの最上位モデルです。

 

ベゼルレスなデザインに画面上部のノッチ、そして背面のデュアルレンズカメラが縦配置など、その見た目はAppleのiPhone Xそっくりですね。

(怒られないのか、これ?ww)

 

特徴は以下の通り。

 

・CPUにはクアルコムの最新SoC「Snapdragon 845」を搭載

・メモリは8GB、6GB、4GBの3ラインナップ

・ストレージは最大256GB

・広角レンズと標準レンズのデュアルカメラ

・AIが被写体と認識し、自動でモードを切り替える

価格は60,000円台

 

フラグシップモデルらしく、スペックはかなり高いですね。

スナドラ845にメモリ8GBだとAndroidスマホでもトップクラス。

 

さらにAIを活用した機能も多数搭載される模様。

なんだかHUAWEIのMate 10 Proみたい。

 

そして驚きなのは価格。

これだけ充実していてなんと約63,000円!

安すぎでしょこれは.....w

 

ぜひ、日本で出す際もこれくらいで出てほしい。

いやほんとに。

 

スタンダードモデルの「ZenFone 5」

ZenFone 5は名前の通り、もっともスタンダードなモデル。

外観はZenFone 5Zとほぼ同じですが、

 

・CPUは Snapdragon 636/630

・メモリは4GB、6GBのラインナップ

・ストレージは64GBのみ

 

という違いがあります。

 

メモリは台湾版は4GBでしたが、日本版は6GBの模様です。

 

カメラなど、そのほかの機能はZenFone 5Zと同じっぽいです。

 

下位モデルの「ZenFone 5Q」

ZenFone 5シリーズの下位モデル。

 

海外の一部地域ではLiteという名前ですが、日本や台湾では「5Q」という名前です。

 

5Qの特徴は以下の通り。

 

  • SoCはSnapdragon 630
  • 5.5インチクラスのボディに18:9の6インチディスプレイ
  • インカメラ、アウトカメラともにデュアルカメラ
  • トリプルスロットでDSDSとmicroSDカードを併用できる

 

って感じです。 

 

一応、普及モデルではありますがスペックは結構高いですね。

多くの人はZenFone 5 Qでも十分すぎるくらい。

 

5シリーズで唯一インカメラもデュアルレンズです。

自撮りを撮りたい人には5Qが一番向いているかも?

 

5Z/5と違ってノッチがありませんが、やはり18:9の縦長ディスプレイ。

 

 

あと個人的にいいなと思うのがトリプルスロット仕様。

 

2つのSIMカードスロットとmicroSDカードスロットが別に用意されているので、DSDSとmicroSDカードが併用できます。

 

意外とトリプルスロット仕様のスマホは少ないので貴重です。

 

スペックまとめ

ZenFone 5シリーズ3モデルのスペックをまとめました。

 

  ZenFone 5Z ZenFone 5 ZenFone 5Q
サイズ 75.65mm×153mm×7.85mm 76.16mm×160.62mm×7.8mm
重さ 155g 168.3g
ディスプレイ 6.2インチ Super IPS+
(1080×2246)
6インチ IPS
(1080×2160)
OS Android 8.0
CPU Snapdragon 845 Snapdragon 636/630 Snapdragon 630/430
メモリ 4/6/8GB 4/6GB 3/4GB
ストレージ 64/128/256GB 64GB 32/64GB
カメラ アウト:1200万画素+800万画素
イン:800万画素
アウト:1600万画素+1600万画素
イン:2000万画素+2000万画素
Wi-Fi IEEE802.11ac IEEE802.11ac(630)
IEEE802.11n(430)
バッテリー 3,300mAh
生体認証 指紋認証、顔認証
SIMスロット nanoSIM×2※
DSDS
カラー Midnight Blue,Meteor Silver

Midnight Black,Rouge Red,
Moonlight White

 ※ZenFone 5Qのみトリプルスロット仕様

 

全体的にスペックが高く、バランスも良いですね。

 

もうデュアルカメラ、18:9の縦長ディスプレイ、指紋認証&顔認証あたりはスペック関係なく当たり前、みたいな雰囲気ですね。

 

恐ろしい......!

 

Galaxy S9+、Xperia XZ2と比較

せっかくなので、同じイベントで発表された「Galaxy S9+」、Xperia XZ2と比較してみました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180228132213p:plain

 

機能の違いはおいといてスペックだけを見ると、ZenFone 5Zも負けていないですね。

何よりこれで価格が60,000円台なのがすごい。

XperiaやGalaxyは絶対100,000円前後だろうし。

 

ただ、防水がないのは人によってはかなりマイナスでしょうね。

僕は防水はいらないけど、お風呂とかでもスマホ使いたいならやっぱり必要ですし。

 

あと、細かいところを見るとやはりGalaxyやXperiaには劣るでしょう。

とくにGalaxyはディスプレイは有機ELだし、スピーカーの質も良さそう。

 

やはり、スナドラ845搭載で6万円台という価格の安さが最大の魅力と言えます。

 

しかし、こうやって比較するとやっぱりGalaxyはすごいねぇ。

カメラの絞り値を変更できたり、虹彩認証と顔認証を同時利用できたり。

アンチが多い印象だけど、素晴らしい端末であることに変わりはない。

 

逆に、Xperiaはなんだか物足りないというか、インパクトに欠ける感じ。

すでにデュアルカメラ搭載機の試作品もあるみたいだけど、だいぶ遅れている気がする。

 

ZenFone 5シリーズの発売日は?

f:id:happy-applications-maker:20180228134300p:plain

 

現時点で判明しているZenFone 5シリーズの発売日は以下の通り。 

 

ZenFone 5Q:2018年3月

ZenFone 5:2018年4月

ZenFone 5Z:2018年6月

 

あくまでもグローバルの発売日で、日本ではいつ発売するのか(そもそも発売するのか)不明です。

 

すごい個人的なことですが、3月は僕の誕生日なので、自分へのプレゼントで5が欲しいですねぇ。

 

とは言いつつ、ZenFone 5Zも買ってみたい....。

6月が待ち遠しい.....!

 

追記:ついに台湾で5Qと5が発売

ZenFone 5 Q(Lite)の台湾版が3月15日に発売されました。

また、ZenFone 5の台湾版が4月12日に発売しました。

 

ZenFone 5は50,000円前後で、ZenFone 4より安いですね。

本当に素晴らしいコストパフォーマンス。

 

日本での発売も濃厚ですし、早く発売日を明かしてほしいですね....!

 

技適マークがついていれば台湾版でも全然いいんですけど。

やっぱり技適マークがない端末を使うのには抵抗があります.....w

 

日本版早く~!!!!

 

4月25日追記:5月15日に国内発表!

これまで国内版の情報がありませんでしたが、ついに2018年5月15日に国内発表されるようです!

 

参考:ASUS、5月15日に新ZenFone 5を国内発表 - ケータイ Watch

 

これで日本での発売は決定的ですね。

発表会が待ち遠しい......!

 

どうか「日本版だけ価格が高い」という事態にはなりませんよーに!!!!

 

4月29日追記:グローバル版が日本のAmazonで購入可能

日本版ではなくグローバル版ですが、ついに日本のAmazonでZenFone 5が購入可能になっています。

 

ASUS ZENFONE 5 ZE620KL (シルバー)
Asus
売り上げランキング: 81,789

日本版が待てない!という人はグローバル版を検討してみても良いでしょう。 

 

 

追記:ついに日本版の情報解禁!価格は39,800円から!

 2018年5月15日、ついに日本版ZenFone 5シリーズの情報が解禁されました!

 

発売日と価格は以下の通り。

 

機種名 発売日 価格
ZenFone 5Z 6月下旬以降 69,800円
ZenFone 5 5月18日 52,800円
ZenFone 5Q 5月18日 39,800円

  

 

ZenFone 5Qは39,800円、ZenFone 5は52,800円!

台湾版より少し高いですが、3や4のように日本だけ高すぎ、みたいな感じではなくよかったです。

 

 

発売日は5月18日!!

楽しみすぎる~。

 

僕も早速購入しましたww

 

 

取り扱いのあるMVNO

現段階でZenFone 5シリーズを取り扱うMVNOは以下の通り。

 

  • BIGLOBEモバイル
  • DMMモバイル
  • IIJmio
  • mineo(6月28日発売)
  • LINEモバイル
  • NifMo
  • OCNモバイルONE
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • 楽天モバイル

 

 

人気シリーズ最新モデルということもあり、数多くのMVNOが取り扱っていますね。 

 

今後も取り扱うMVNOが追加され次第、追記します。

 

Amazonでも日本版の取り扱いを開始

Amazonでも、日本版ZenFone 5の取り扱いを開始しています。

 

 

 

 

ASUS公式の税込み価格より1,000円ほど安いです。

少しでも安く買いたいならAmazonで購入してもいいかもしれませんね。

 

まとめ

ZenFone 5に関する情報をざっくりまとめてみました。

まだ未確定情報や分からない点もあるので、その辺は分かり次第どんどん追加していきます。

 

最近はHUAWEIに浮気してばかりの僕ですが、久しぶりにZenFoneに戻りたくなりました。

 

さっそくZenFone 5を購入したので、届き次第レビューしたいと思います。

ではでは~。

 

追記:

ZenFone 5が届いたので、速攻レビューです。

 

happy-applications-maker.hatenablog.jp