隊長のデジタルな独り言

スマホ、パソコン、ゲーム、ガジェットに関する記事を書いています。

ドコモ版iPhone 6は格安SIMで安く運用!おすすめの格安SIMも紹介

f:id:happy-applications-maker:20180329170146j:plain

 

こんにちは!

スマホ大好きな隊長です。

 

すでにたくさんスマホを持っていますが、新たに「ドコモ版iPhone 6を某フリマアプリで購入しました。

 

まあ、僕ではなく普段SEを使っている奥さんのサブ用ですがw

 

iPhone 6は少し古いですがまだまだ現役で使えるし、価格も安いんですよね。

それに、ドコモ版に限っては格安SIMとの相性もいいので、データSIMを挿して運用します。

 

今回はドコモ版iPhone 6格安SIMで安く運用する方法や、おすすめの格安SIMを紹介します。

 

 

 

 

ドコモ版のiPhone格安SIMとの相性抜群!

大手キャリアのiPhoneの中でもとくに格安SIMと相性がいいのがドコモ版です。 

 

格安SIMのほとんどはドコモの回線を利用しているので、SIMロック解除せずにSIMカードを挿すだけで使えます。

 

このSIMロック解除せずに」というのがポイント。

 

ドコモ版ならiPhone 6s以降のSIMロック対象機種はもちろん、5sや6といったSIMロック解除ができない古いiPhoneでも格安SIMが利用できるということです。

 

今回、ドコモ版iPhone 6を購入したのもこれが理由です。

 

まだまだ現役で使えるスペックですが、旧型なので格安で購入できる。

そして格安SIMも使えちゃうわけです。

 

au版・ソフトバンク版もau回線やソフトバンク回線を使う格安SIMなら利用できます。

でもドコモ回線の格安SIMと比べると数は少なく選択肢がほとんどありません。

(とくにソフトバンク回線は)

 

iPhone 6はまだまだ現役で行ける

ドコモ版iPhone 6格安SIMが使いやすいし、値段も安い。

しかし、世代的にはiPhone 8 / Xの3つ前もになります。

 

そのため、性能的にちょっと不安という人もいるかもしれません。

確かに、最新世代のiPhoneやハイスペックなAndroid端末には勝てません。

 

でも、その辺の格安のAndroidスマホよりはずっとスペックは高いです。

よほど重たいものでなければ3Dゲームも十分サクサク動きます。

 

試しに、ベンチマークソフト「Antutu」でスコアを測ってみました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180329165725p:plain

 

スコアは66682

ネット上では70000後半は出ていることが多いので、思ったより低い。

iPhoneは性能低下問題も話題になりましたが、このiPhone 6も少し性能が低下しているのかもしれません。

 

とは言え、ミドル~ミドルハイクラスのスコアなので、よほどヘビーなゲームでなければ問題ないでしょう。

もちろん、ゲームはせずSNSやLINEができれば十分、という人なら全く問題なし。

 

 

ドコモ版iPhone 6格安SIMを利用する手順

それでは実際にドコモ版iPhone 6格安SIMを利用する手順を紹介します。

といっても、めちゃくちゃ簡単ですけどね。 

 

格安SIMを契約する

まずは格安SIMを契約しましょう。

 

ドコモ版iPhoneで使える格安SIMの条件としては、

 

・ドコモ回線を利用

・nano SIMサイズのSIMカードが使える

・動作確認が済んでいる

 

って感じですかね。

ただ、上2つに関してはほとんど気にしなくて良いでしょう。

 

格安SIMのほとんどはドコモ回線ですし、最近のスマホはnano SIMがメインなのでnano SIMが用意されていない格安SIMもない気がします。 

 

一応、気にしないといけないのが最後の「動作確認が済んでいるか」です。

格安SIM会社がiPhone 6で使えるというテストをしているかどうかってことですね。

 

ぶっちゃけドコモ回線であれば問題ないと思いますが、動作確認が済んでいない場合は自己責任での使用となります。

 

そのため、なるべく動作確認済みのものを選びましょう。

 

ドコモ版iPhone 6が動作確認済の格安SIM

ドコモ版iPhone 6の動作確認が済んでいる主要な格安SIMは以下の通り。

 

BIGLOBEモバイル(タイプD)

・DMMモバイル

DTI SIM

LINEモバイル

・mineo(Dプラン)

・NifMo

・nuroモバイル(ドコモ回線)

IIJmio(タイプD)

・OCNモバイルONE

楽天モバイル

・イオンモバイル

・エキサイトモバイル

 

さすがにドコモ系の格安SIM全部は載せきれません(;^_^A

でも、主要な格安SIMはいずれも動作確認が済んでいますね。

 

これなら安心して使えそうです。 

iPhone 6でAPN設定を行う

格安SIMを契約し、SIMカードが届いたらAPN設定を行いましょう。

 

初心者の人からするとこのAPN設定がとても難しく感じるみたいですね。

でも、名前とは裏腹にすることは簡単です。

 

とくにiPhoneの場合は「構成プロファイル」っていうのをインストールするだけなのでとても簡単です。

 

僕は余っていた楽天モバイルのSIMを使うので、ここでは楽天モバイルの構成プロファイルをインストールする手順を例として紹介します。

他の格安SIMでも手順はほぼ同じです。

 

まずiPhone 6Wi-Fiに接続し、格安SIMの構成プロファイルダウンロードページへ行きます。

 

Safariを起動して「格安SIM名 構成プロファイル」みたいな感じで検索すればOK。

 

今回は「楽天モバイル 構成プロファイル」と検索し、ダウンロードページへ行きます。

 

楽天モバイルの場合、「タップしてアクセス」をタップするとこのような画面がでるので「許可」をタップ。

 

f:id:happy-applications-maker:20180329180224p:plain

 

 

インストール画面になるので、右上の「インストール」をタップ。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180329180314p:plain

 

 

「次へ」をタップ。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180329180354p:plain

 

 

もう一度「インストール」をタップ。

 

 

f:id:happy-applications-maker:20180329180422p:plain

 

 

最後にもう一度「インストール」をタップ。

しつこいな

 

f:id:happy-applications-maker:20180329180455p:plain

 

 

これで構成プロファイルがインストールされ、iPhone 6格安SIMが使えるようになります。

 

電話番号を引き継ぎたい場合はMNPも忘れずに 

僕(というか奥さん)はサブ用途でiPhone 6を使うのでこれで終わりです。

 

でも今の電話番号を引き継いでメインのスマホとして使いたい場合はMNPが必要です。

 

MNPをする場合はドコモからMNP予約番号を取得しておき、格安SIMを契約する際にそのMNP予約番号を使うことで引き継げます。

 

 

ただ、今回はiPhone 6をサブで使う前提なので詳しいことは省略。

 

 

 

ドコモ版iPhone 6をサブ端末として使う際におすすめの格安SIM

ドコモ版iPhone 6はさまざまな格安SIMが使えます。

でも、初心者だと逆に迷ってしまいますよね。

 

そこで、ドコモ版のiPhone 6をサブ用途として使う際におすすめの格安SIMを用途別にまとめました。

 

安く済ませたいなら「DMMモバイル」

とにかく安く済ませたいなら「DMMモバイル」がおすすめ。

1GBのデータSIMなら月480円で使えます。

 

DTI SIMやロケットモバイルなど、他にも安いものはいくつかありますが、

 

・速度切り替えができる

・バースト転送対応

・公式アプリあり

 

など、使い勝手を考えるとDMMモバイルが一番いい気がします。

僕もつい最近使い始めましたが、結構いい感じ。

 

詳しくはこちらの記事も参考に。

 

happy-applications-maker.hatenablog.jp

 

音楽ストリーミング専用にするなら「mineo」

Apple MUSICなどの音楽ストリーミング専用に使いたいならmineoがおすすめ。

 

mineoは専用アプリからワンタッチで通信速度の切り替えができます。 

低速にすると最大速度が200kbpsになりますが、データ通信量を一切消費しません。

mineoの場合は直近3日間の速度制限もないため、低速モードにすればデータ通信が使い放題というわけです。

 

意外かもしれませんが、音楽ストリーミングは低速でも問題なく使えます。

僕もiPhone 5sにmineoのSIMを入れ、低速モードにしてAmazon Musicを利用しています。

 

最初の読み込みこそ少し長いですが、一度再生されれば途切れることはありません。

 

音楽ストリーミング専用にするならmineoで一番安い500MBのデータSIMを契約して、低速モードにして使うのがおすすめ。

 

mineoについてはこちらの記事もどうぞ(au回線のプランですが)

 

happy-applications-maker.hatenablog.jp

 

ちなみに、ちょっと料金が高くなりますがOCNモバイルONE楽天モバイルも同様の使い方が可能です。

 

通信速度を重視するなら「NifMo」

 

格安SIM、とくにドコモ系格安SIMにする場合、基本的には通信速度には期待しないほうが良いです。

 

大手キャリアから回線の一部を借りているに過ぎないので、どうあがいても速度はかないません。

 

でも、できるだけ速いほうがいい....という人はNifMoがおすすめ。

ドコモ系格安SIMの中では比較的通信速度の評価が良いです。

 

ただし、格安SIMにとって魔の時間である「平日のお昼」はどうしても速度は低下します。

これについてはどの格安SIMでもしょうがないですね。

 

大容量の通信を安く使うなら「イオンモバイル」

 

30GB以上の大容量の通信を安く使いたいならイオンモバイルがおすすめ。

 

30GB、40GB、50GBの大容量プランが選べます。

しかも業界最安クラスに安い。 

 

高速通信中は直近3日間の速度制限がないのもうれしい。

(低速中は直近3日間で366MB以上使うと制限かかるので注意)

 

全国のイオンの店舗でも取り扱っているので、サポートを重視する初心者にもいいかも。

イオンのスタッフが頼りになるかどうかは知らない

 

au系やソフトバンク系の格安SIMは使えない

最後にドコモ版iPhone 6格安SIMを使う際の注意点を1つだけ。 

 

格安SIMにはauソフトバンクの回線を利用するものも少しですがあります。

例えばCMで話題の「UQモバイル」はauの回線を利用しています。

 

ドコモ版のiPhone 6ではauソフトバンク回線を利用する格安SIMは使えません。

SIMロック解除ができれば使えるのですが、残念ながら6はいずれのキャリアもSIMロック解除の対象外です。

 

脱獄でもすれば別ですが、あまり推奨はしません。

 

あくまでも、ドコモ版iPhone 6はドコモ系の格安SIMで使いましょう。

 

まとめ

ドコモ版のiPhone 6は価格が安く、格安SIMとの相性も抜群!

iPhoneを使ってみたい人や、格安SIMで安くサブ端末を運用したい人におすすめです。

 

もちろん、iPhone 8やXと比べるとスペックは劣りますがw

中古のiPhone 6はフリマアプリなら15,000円くらいで気軽に購入できます。

 

また、2018年12月31日まで6以降のiPhoneは3,200円でバッテリー交換が可能です。

中古の6を安く購入し、バッテリーを3,200円で交換すれば状態の良いiPhoneが格安で手に入ります。

 

最新モデルにこだわらにのであれば「ドコモ版のiPhone 6」、おすすめですよ!