スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

Amazonで「サマークーポン」がスタート!対象のスマホやSIMパッケージを紹介

f:id:happy-applications-maker:20180721214303j:plain

 

先日Amazonでプライムデーが行われたばかりですが、今度は「サマークーポン」セールがスタートしています。

 

その名の通り、対象の商品が割引になるクーポンが使えるセールです。

 

プライムデーほどではありませんが、サマークーポンでもSIMフリースマホや格安SIMパッケージがセール対象になっています。

 

今回はサマークーポン対象になっているスマホと格安SIMパッケージを紹介します。

 

※掲載している価格は記事執筆時点のものです。

※クーポン数には限りがあり、期限までに終了する可能性があります。

 

 

スマートフォン本体

プライムデーで数多くのSIMフリースマホがセール対象になりました。

今回のサマークーポンでもスマホがいくつか割引になっています。

 

Moto G5S(20%OFF)

 

モトローラ製のミドルスペックスマホです。

先日のプライムデーでは「G5S plus」がセール対象でしたが、今回はplusがない「G5S」が対象になっています。

 

G5S plusはスナドラ625にメモリ4GB、デュアルレンズカメラを搭載したミドルハイクラスのスマホでした。

 

それに対してG5Sはメモリこそ同じですがSoCはスナドラ430、カメラもシングルカメラなのでG5S plusよりスペックは控えめ。

 

それでいて価格差は2,000円ほどしかないので、普段ならG5S plusを買えばいいかなって感じです。

 

ただ、今回のサマークーポンを適用すれば20%OFFの約19,900円で購入できます。

G5S plusより7,000円ほど安い計算です。

 

ゲームをしないなら十分なスペックですし、DSDSにも対応しています。

 

安価でDSDSに対応しているスマホを探しているならアリですね。

 

HUAWEI Mate 10 lite(5%OFF)

 

HUAWEIのミドルハイクラスのスマホ。

昨年秋にリリースしたMate 10シリーズの下位モデルです。

 

下位モデルとは言え、オクタコアCPUと4GBメモリを搭載しており、よほどヘビー(PUBGとか)でなければ3Dゲームも可能。

 

カメラにもこだわっており、アウト・イン両方のカメラがダブルレンズ仕様です。

 

18:9の縦長ベゼルレスディスプレイを採用し、アップデートで顔認証にも対応するなど、最近のトレンドもいち早く取り入れています。

 

nova lite 2やP20 liteが人気でMate 10 liteはあまり目立たないですが、Mate 10 liteもとってもいい製品ですよ。

 

プライムデーでもセール対象だったためか、今回のクーポンは5%OFFとかなり控えめ。

 

クーポン適用で34,000円ほどになりますが、マケプレ業者が新品31,000円くらいで出品しているんですよね(;^_^A

 

ぜったいAmazon出品じゃなきゃ嫌だ!という人以外はマケプレから購入するのがおすすめです。

 

BlackBerry Priv(23,148円OFF)

 

スマホでありながら物理キーボードを搭載しているのが特徴のBlackBerry。

そのBlackBerryとしては初めてAndroidを搭載したモデルです。

 

本体をスライドすると物理キーボードが現れます。

もちろんスマホなのでディスプレイタッチもできます。

 

一定の層から人気が高いBlackBerryですが、本機はすでにサポートが終了しているみたいです。

 

搭載OSもAndroid 5.1.1と古く、価格の割にはスペックもいまいち。

 

紹介しといてアレですが、あんまり万人にはおすすめできないですね。

玄人やマニア向け。

 

Amazonでの通常価格は58,000円ほどですが、今回のクーポンで23,148円もオフになります。

 

以前から手に入れたかったという人にはチャンスですね。

 

格安SIMパッケージ

格安SIMパッケージは格安SIMの契約を申し込む際に使えるコードがついています。

 

なくても格安SIMを申し込めますが、コードを使うと初期費用3,000円が無料になるというメリットがあります。

 

もともとAmazonでは500~1,000円くらいでパッケージが売られているので無理にセールを狙う必要はないです。

 

ただ、そろそろ格安SIMを考えている人ならこの機会にパッケージを購入するのがおすすめです。

 

LINEモバイル(10%OFF)

 

メッセージアプリ「LINE」の格安SIMです。

僕がメインで使っている格安SIMでもあります。

 

LINEやSNSがデータ通信量を消費せず使い放題になる「データフリー」が最大の特徴。

データ通信量を気にせずLINEのトークや音声通話ができるのが楽ですね。

 

他にもLINEポイントが貯まったり、格安SIMで唯一LINEのID検索が使えたりと、LINEをよく使う人には何かと嬉しい特典がいっぱいです。

 

今月からはソフトバンク回線を利用するプランも開始しています。

 

スタート直後にネットワークが追い付かず速度が低下することがありましたが、現在は安定して速い速度を維持しています。

 

 

 

OCNモバイルONE(20%OFF)

 

プロバイダ事業でおなじみOCNの格安SIM。

僕が初めて使った格安SIMでもあります。

 

OCNモバイルONEはどちらかというと高速通信より低速通信が魅力的です。

 

低速にすると最大200kbpsに制限されます。

しかし、最初の読み込みだけ高速通信を使う「バースト転送」に対応しており、SNSや音楽ストリーミングくらいなら割と問題なく使えます。

(高音質な音楽の再生や画像・動画が中心のInstagramは厳しい)

 

低速ならデータ通信量を消費しませんし直近3日間の制限もないので、音楽ストリーミングの垂れ流しと相性が良いです。

 

専用アプリから高速と低速をワンタッチで切り替えられるのも便利。

僕は普段は低速でApple Musicを使い、調べものなどをするときだけ高速にして使っています。

 

ちなみに8月から「MUSICカウントフリー」がスタートし、Google Play Musicなど特定の音楽ストリーミングはデータ通信量を消費しなくなります。

 

ますます音楽ストリーミングがはかどりそうですね。

 

なお、今回クーポン対象となっているパッケージは音声通話SIM専用です。

データ通信専用SIM・SMS付きSIMは別のパッケージでないと申し込めないので気を付けましょう。

 

UQモバイル(40%OFF)

 

 

CMでおなじみのUQモバイルです。

「BIGLOBE」と書いてありますが契約するのは普通にUQモバイルです。

紛らわしいから表記するな。

 

実質auのサブブランドみたいなもので、

 

  • 通信速度が速く安定している
  • ショップがたくさんある
  • 通話かけ放題もしくは無料通話が標準で付属
  • 2年縛りがある
  • プラン内容が複雑で分かりにくい

 

など、いい意味でも悪い意味でも大手キャリア寄りの格安SIMです。

 

通信速度を重視するならまず検討したいですが、キャリアの2年縛りや複雑なプランが嫌で格安SIMに変えたい人は要注意。

 

あとau回線を利用するので、使える端末は結構制限されます。

心配な人は端末セットを購入するのが吉。

割引もありますからね。

 

 

まとめ

プライムデーがかなりお得だったという事もあり、サマーセールは対象商品が少なく、割引率も控えめですね。

 

とは言え、普通に購入するよりお得なのは事実。

 

SIMフリースマホが欲しい人や格安SIMの契約を検討している人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

サマークーポンは2018年8月17日(金)23時59分までです。

プライバシーポリシー