スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

DMMモバイルを解約。その理由と解約方法まとめ

f:id:happy-applications-maker:20180826222606j:plain

 

こんにちは。

格安SIM大好きな隊長です。 

 

現在7つの格安SIMを契約していますが、ちょっとだけ減らすことにしました。

色々検討し、まずはDMMモバイルを解約することにしました。

 

今回はその理由と解約方法をまとめました。

 

 

 

 

 

DMMモバイルを解約した理由

今回DMMモバイルを解約した理由は以下の3つです。

 

  • 通信速度が遅い
  • 使い道がなくなった
  • 通信費を削減するため

 

通信速度が遅い

f:id:happy-applications-maker:20180826221129j:plain

一番の理由は通信速度の遅さです。

 

ドコモやauといった大手キャリアと比べると、格安SIMはいずれも速度が遅いです。

 

ただ、その格安SIMの中でも速い・遅いがあります。

このサイトで定期的にやっている速度測定を見ていただければわかると思います。 

 

で、僕が契約している7つの中ではDMMモバイルがダントツで遅いです。

 

平日のお昼は回線が混雑するのでどの格安SIMも遅いのですが、DMMモバイルは朝や夜の時間帯も遅いです。

 

音楽ストリーミングやブラウジング、SNSといった軽い用途でも読み込みに時間がかかって、結構ストレスが溜まりました。

 

DMMモバイルは格安SIMの中でもとくに料金が安いことで知られています。

しかし、いくら安くてもこれだけ遅いのはさすがに無理でした。 

使い道がなくなった

これはあほみたいに複数の 格安SIMを契約している僕だからこその理由です。

 

DMMモバイルを契約しているのはいいですが、使い道がなくなったんですよね。

 

現在僕が契約している格安SIMの使い道は以下の通り。

 

  • LINEモバイル:メイン回線
  • OCNモバイルONE:音声ストリーミング専用サブ回線
  • NifMo:おサイフケータイ端末用回線
  • mineo:auのiPhone 5s用
  • IIJmio:奥さんメイン回線
  • 楽天モバイル:奥さんサブ回線

 

一般の人から見るとかなりカオスだと思いますがw

とりあえずいずれも使い道・用途があるわけです。

 

最初はDMMモバイルを音声ストリーミング専用サブ回線として使う予定でした。

 

DMMモバイルは専用アプリで通信速度の切り替え(高速と低速)ができ、バースト転送にも対応しています。

 

なので、基本低速にしてAmazon Musicなどの再生に使おうと思っていたのですが.....。

 

 

 

速度が遅すぎて無理でした。

 

 

低速はもちろん、高速にしても再生が止まってしまうことが多々ありました。

もう、ストレスでしかなかったです.....(;^_^A

 

その後、OCNモバイルONEとHUAWEI nova lite 2のセットが格安になるセールが実施されていたので契約。

 

OCNモバイルONEは低速通信の品質が高いため、DMMモバイルの代わりに使うことにしました。

 

DMMモバイルと違い、音楽ストリーミングなら低速でも快適です(^^♪

 

というわけで、DMMモバイルは使い道がなくなってしまったわけです。

 

通信費を削減するため

f:id:happy-applications-maker:20180826222924j:plain

3つ目の理由は通信費を削減するため

 

本来、格安SIMは通信費を削減するために契約するものです。

 

しかし、僕は多く格安SIMを契約していたため、逆に通信費を増加させてしまいました。

まさに本末転倒。

 

現在の我が家の毎月のスマホ代は以下の通り。

 

  • LINEモバイル:1,296円
  • OCNモバイルONE:1,728円
  • NifMo:972円
  • DMMモバイル:540円
  • mineo:443円
  • IIJmio:1,404円
  • 楽天モバイル:972円
  • 合計:7,355円

 

 

 

 

 

コモやauと変わらないじゃねーか

 

 

 

 

 

馬鹿ですね.........w

 

 

当ブログで速度測定とかやってるので、本当は出来る限り契約しときたい。

 

だけど、大手キャリアの高さが嫌で格安SIMにしたのに、これじゃあ無駄ですね!w

 

というわけで、いくつか格安SIMを解約することにしました。

その1つ目がDMMモバイルだったわけです。

 

ちなみにNifMoと楽天モバイルも解約予定です。

 

その代わりにUQモバイルを契約するかもしれません。

通信費削減するんじゃねーのかよ

 

検証のために、au VoLTEのSIMも1つ持っておきたいんですよね...。

 

DMMモバイルの解約手順

DMMモバイルの解約手順を見ていきましょう。

と言っても、手続きのほとんどはオンライン上で済むのでとっても簡単です。

 

解約手続きを行う

まずはDMMモバイルのマイページから解約手続きを行います。

 

トップページ左のメニューの「ご契約内容変更」をクリック。

 

f:id:happy-applications-maker:20180826213006j:plain

 

 

 

 

 

画面下部の「ご契約プランの解約、SIM解除はこちら>」をクリック。

 

f:id:happy-applications-maker:20180826213254j:plain

 

 

 

 

 

注意事項が表示されます。

ざっと読んだら「注意事項を確認しました」にチェックを入れ、「次へ進む」をクリック。

 

f:id:happy-applications-maker:20180826213409j:plain

 

 

 

 

 

 

最終確認画面になるので「選択したプランを解約する」をクリック。

 

f:id:happy-applications-maker:20180826213520j:plain

 

 

 

 

簡単なアンケートがあるので、回答。

 

そのあと「はい」をクリックしたら解約手続きが完了です。

 

f:id:happy-applications-maker:20180826213604j:plain

 

 

 

しつこい引き留めページなどもなく、あっさりしていますね。

 

SIMカードを返却する

解約後は利用していたSIMカードを送料自己負担で返却する必要があります。

返却先は以下の通りです。

 

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1
東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内
DMM mobile窓口 行

 

返却しなかった場合の罰則は詳しく分かりません。

 

しかし、格安SIMによってはSIMカードを返却しないと3,000円くらいの手数料を取られることがあるので、ちゃんと返却しましょう。

 

解約タイミングは毎月末日

DMMモバイルが解約されるのはいつ申し込んでも毎月末日です。

 

月の途中で解約を申し込んでも月末までは利用できます。

その代わり、料金の日割りはありません。

 

データ通信量が余ったらもったいないので、全部使っちゃいましょう。

 

注意点として、末日に解約申し込みはできません。

当月中に解約したい場合は必ず末日までに解約を申し込みましょう。

 

例えば2018年8月に解約したい場合は8月30日までに申し込む必要があります。

8月31日に申し込むことはできません。

 

まとめ

というわけでDMMモバイルを解約しました。

 

ちょっと速度が遅すぎましたね。

最初は良かったのですが、最近は特にひどいです。

 

ただ、

 

  • 月額料金がかなり安い
  • 専用アプリがちゃんと用意されている
  • 速度切り替え&バースト転送対応
  • そこそこオプションも充実
  • 毎月DMMポイントが貯まる

 

などなど、良いところもあるにはあったんですけどね。

 

少しでも無駄な出費を抑えたいので僕は解約することにしましたが、

 

  • 普段からDMMのサービスを使っている人
  • とにかく安く回線を持っておきたい人

 

といった人は検討してもいいのではないかなと思います。

 

ともかく、僕はDMMモバイルとはこれでお別れです。 

 

 

さらば、DMMモバイル。

 

 

プライバシーポリシー