スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

【最新版】au回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホまとめ!おすすめはどれ?

f:id:happy-applications-maker:20180813215512j:plain

 

格安SIMと言えばドコモの回線のものがほとんどでしたが、最近では少数ながらauの回線を利用しているものもあります。

 

例えばCMでもおなじみのUQモバイルなんかもau回線を利用しています。

 

しかし、ドコモ回線と違ってau回線は対応しているSIMフリースマホが少ないです。

 

ちゃんと選ばないと、

 

「せっかく新しいSIMフリースマホを買ったのにauの回線には対応してなくて使えなかった....」

 

なんてことになりかねません。

 

そこで今回はau回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホをまとめてみました!

 

 

 

 

 

au VoLTE対応SIMフリースマホ一覧

au回線の格安SIMを使うためには端末が「au VoLTE」に対応している必要があります。

 

au VoLTEはざっくり言うとauの4G LTE回線を使って音声通話(+データ通信)を利用する技術のことです。

 

以前はau VoLTEに対応しているSIMフリースマホは少数でした。

 

最近は数が増えたものの、ドコモ回線・ソフトバンク回線の格安SIMと比べると使える端末が限られることに変わりはありません。

 

まずは、au VoLTE対応のSIMフリースマホをメーカー別にまとめてみました。 

 

基本的には

 

  • 2016年以降に発売のもの
  • 技適マークのあるもの

 

の2つの条件を満たすスマホだけを掲載しています。

 

※注意点 

一応、間違いがないようしっかりリサーチしています。

しかし、個人でやっているので間違っていたり、情報が古い可能性もあります。

 

端末を購入する際は必ずご自身でもau VoLTEに対応しているかどうかを調べたうえで購入をお願いいたします。

 

万が一間違いがありましたらコメントや問い合わせからお知らせください。

 

Apple

Apple製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。

 

  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X 

 

SIMフリー版のiPhoneのうち、6以降はau VoLTEに対応しています。

大手キャリアのauでもiPhoneは発売しているので、当然といえば当然ですね。

 

au系格安SIMでもiPhoneを使いたいという人はアップルストアで購入すると良いでしょう。

 

iPhone SEやiPhone 6sといった旧モデルはMVNOとのセットでも購入できます。

 

ASUS

ASUS製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。

 

  • ZenFone Go
  • ZenFone 3
  • ZenFone 3 deluxe(ZS550KL)
  • ZenFone 3 Laser
  • ZenFone 3 Max(ZC553KL/ZC520TL)
  • ZenFone 3 Ultra
  • ZenFone AR
  • ZenFone Zoom S
  • ZenFone Live
  • ZenFone 4
  • ZenFone 4 Max
  • ZenFone 4 Selfie
  • ZenFone 4 Selfie Pro
  • ZenFone 4 Pro
  • ZenFone 5
  • ZenFone 5Q
  • ZenFone 5Z

 

日本でいち早くSIMフリースマホを発売したASUS。

現在はコスパ最強の座はHUAWEIに奪われましたが、その人気は健在です。

 

ZenFone Go以降はほとんどのモデルがau VoLTEに対応しています。

 

au系回線の格安SIMを使いたい人にとってはHUAWEIより選びやすいですね。

 

HUAWEI

HUAWEI製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。 

  • nova
  • P10 lite
  • nova 2
  • P20 lite
  • Mate 10 Pro
  • P20
  • nova 3

 

HUAWEIは日本のSIMフリースマホ市場のトップを走るメーカーです。

 

しかし、意外にもau VoLTE対応スマホは少なめ。

 

対応しているのはエントリー~ミドルハイクラスばかりで、

 

  • P20
  • Mate 10 Pro
  • honor 9

 

といったスペックの高い機種はいずれもau VoLTEには非対応です。

 

ハイスペックスマホでau回線を使いたい人には不向きですね。

 

とは言え、売れ筋であるP10 lite / P20 liteがau VoLTEに対応しているので、大多数の人にとっては問題ないかもしれません。

 

追記:

2018年11月に実施されたアップデートでP20、Mate 10 Pro、nova 3の3機種もau VoLTEに対応しました。

 

アップデート直後でまだ動作確認等はあまりされていないみたいですが、UQモバイルやIIJmioといったau回線の格安SIMで使えそうです。

 

HTC

HTC製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。

  • HTC U11
  • HTC U11 life
  • HTC U12+

 

国内ではあまり知名度の高くないHTC。

 

しかし、最近ではSIMフリーでは珍しい防水&おサイフケータイ対応モデルを複数発売しており、少しずつ存在感を示しています。

 

 

シャープ

シャープ製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。

  • AQUOS sense lite
  • AQUOS R compact
  • AQUOS sense plus

 

ドコモやauといった大手キャリア向けのイメージが強いシャープ。

 

しかし、最近はSIMフリー市場にも力を入れており、国内メーカーではトップのシェアを誇ります。

 

単純なコスパではASUSやHUAWEIに敵いませんが、

 

  • 独自開発のIGZO液晶ディスプレイ
  • 防水&おサイフケータイ(&ワンセグ)

 

など、海外メーカーにはない付加価値の高さが魅力です。

 

富士通

富士通製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。

 

  • arrows M03
  • arrows M04

 

こちらも日本メーカーらしく、

 

  • 防水&おサイフケータイ対応
  • 高い耐久力で故障に強い
  • ワンセグも使える

 

といった付加価値を売りにしています。

 

しかし、如何せんコスパが悪く、SIMフリー市場での評価はいまいち。

 

最近では携帯事業の売却も噂されていますね。

 

モトローラ

モトローラ製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。 

 

  • Moto X4
  • Moto G5s Plus
  • Moto G5s Plus
  • Moto E5
  • Moto G6
  • Moto G6 Plus

 

日本初のDSDS対応機や、拡張モジュールで機能を拡張できる「Moto Mods」など、個性的なスマホを出しているモトローラ。

 

当初はau VoLTEは使えないものが多かったですが、最近の機種はほとんどau VoLTEに対応しています。

 

ちなみにMoto ZやMoto Z Playといった一部のモトローラスマホではβ機能としてau VoLTEが使えます。

 

ただ、正式対応ではないので今回は外しています。

 

OPPO 

OPPO製スマホのうち、au VoLTEに対応しているのは以下の通りです。 

 

  • R11s
  • R15 Neo
  • R15 Pro

 

OPPOはまだ日本上陸した直後で知名度は低め。

ですが、今のところのすべての端末がau VoLTEに対応しています。

しかもR15 Neo/ProはDSDV、R15 Proに至ってはおサイフケータイと防水も対応という気合の入りっぷり。

 

とくにR15 Neoはかなりコスパの良い機種なので、そこまでスペックにこだわらないなら検討の余地ありです。

 

その他

その他、au VoLTEに対応しているSIMフリースマホをまとめました。 

 

  • NuAns NEO[Reloaded]
  • IDOL 4
  • Blade V8
  • Blade E02
  • SHINE LITE

 

CDMA2000対応SIMフリースマホ一覧

「CDMA2000」とはauの3G回線のことです。

 

現在auの非VoLTE端末を使っており、そのSIMカードをSIMフリースマホで使いたい場合はCDMA2000に対応した端末でないといけません。 

 

あまりないかもしれませんが、例えばau本家の音声通話SIMと格安SIMのデータ通信SIMをDSDSで使いたい場合などですね。

 

CDMA2000に対応しているSIMフリースマホは以下の通りです。

 

  • g07++
  • ZenFone 3 Dexule(ZS570K)
  • iPhone 5s / 5c / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus

 

g07++はCDMA2000&DSDS対応を売りにした「g07+」の後継機。

コスパも悪くなく、CDMA2000を使うなら現状g07++一択です。

 

ZenFone 3 Dexuleはau VoLTE対応の所でも紹介しました。

しかし、あちらは5.5インチの「ZS550KL」でこちらは5.7インチの「ZS570K」です。

 

このうち、CDMA2000に対応しているのは5.7インチのZS570Kのみです。

 

 

iPhoneについては5sから7 PlusまではCDMA2000に対応しています。

 

ただ6以降はau VoLTEに対応しているのでわざわざCDMA2000を使う必要はないでしょう。

 

中古のiPhoneでCDMA2000を使いたいならau版のiPhone 5sや6を中古で買う方がお得です。

 

au回線対応のおすすめのSIMフリースマホを紹介!

ここまでau回線対応のSIMフリースマホを紹介しました。

 

ドコモ回線で使える端末と比べると少ないとは言え、結構多いですね。

 

これだけあるとどれを選べばよいか迷ってしまいます。

 

そこで、いろんなスマホを使ってきた僕がこの中から個人的におすすめだと思うものを紹介します。

 

HUAWEI P20 lite

 

HUAWEIの主力シリーズである「Pシリーズ」の売れ筋モデル。

 

2017年に最も売れた前モデル「P10 lite」に続き、売れに売れまくっています。

 

約3万円という手ごろな価格ながら、

 

  • ノッチありディスプレイ
  • ダブルレンズカメラ
  • 顔認証+指紋認証

 

最新のトレンドがてんこ盛り。

 

オクタコアCPUと4GBメモリにより、動作もサクサクでスムーズ。

 

SNSやLINE、動画視聴など普段使いであれば全く問題ないです。

 

カメラは上位モデルには劣りますが、背景をしっかりぼかすことができます。

 

au回線うんぬん関係なく、SIMフリースマホを購入予定のすべての人に検討してほしい1台です。

 

 

ZenFone 5

 

ASUSの最新スマホ。

僕のメイン機でもあります。

 

高性能なCPUと6GBという大容量メモリにより、動作はサクサク。

 

よほど重いものでなければ3Dゲームもなんなくプレイできます。

 

カメラもそこそこ性能の良いデュアルレンズカメラで、背景ボケもしっかりできます。

 

加えてAIが被写体を識別して自動的に最適な撮影モードにしてくれるので、オートでパシャパシャ撮るだけで結構きれいな写真が撮影可能です。

 

auを含む、国内3キャリアすべてのVoLTEに対応。

 

加えて4G+4Gで同時に待受けができる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」にも対応しています。

 

国内3キャリアVoLTE&DSDV対応は日本のSIMフリースマホでは初めてです。

(というか唯一?)

 

au VoLTE + au VoLTEやau VoLTE + ドコモVoLTEみたいな組み合わせもできます。

 

  • いろんなSIMが使える
  • スペックもよほどこだわらないなら問題なし
  • カメラも普通に使う分には十分すぎるクオリティ

 

ということで、こちらも幅広い人におすすめできる1台です。

 

ZenFone 5Z

 

ZenFone 5の上位モデル。

 

カメラ性能や3キャリアVoLTE+DSDV対応など、基本的な使い勝手は同じです。

 

しかし、CPUが最高クラスの「Snapdragon 845」にグレードアップし、ストレージも倍の128GBに増えています。

 

スペックだけならSIMフリーのAndroidの中でもトップクラスで、ヘビーな3Dゲームも難なく動きます。

 

さらに価格が約70,000円とスナドラ845搭載モデルとしては格安なのもポイント。

 

スペックにこだわりたいけどなるべく費用を抑えたい人におすすめです。

 

ZenFone 4 Max

 

ASUSから発売されているエントリークラスのスマホ。

 

特徴は4100mAhという大容量のバッテリーを搭載していることです。

 

バッテリー持ちが非常に良く、使い方にもよりますが1~2日くらいは平気で持ちます。

 

2枚のSIMを待受けるDSDSにも対応しています。

 

しかもSIMカードスロットとSDカードスロットが独立している「トリプルスロット」なので、DSDSとmicroSDカードの併用が可能です。

 

スペックは低いのでゲームをする人には向きませんが、オクタコアCPUと3GBメモリ搭載なので普段使いなら問題ないです。

 

価格も19,000円ほどとリーズナブル。

モバイルバッテリーとして使える機能もあるので、サブ用途にもおすすめ。

 

AQUOS sense plus

 

シャープが初めてSIMフリー専用として開発したモデル。 

 

SIMフリーでは珍しい防水&おサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイ専用端末として使っています。 

 

CPUはミドルハイクラスのスナドラ630で、サクサクと動作します。

ゲームはPUBGモバイルなど重たいものは難しいですが、軽いものなら3DゲームもOKです。

 

そこそこのスペックで防水&おサイフケータイ対応のスマホを使いたい人にはもっともおすすめです。

 

メモリ3GB&ストレージ32GBが物足りないという人は、同じくらいの価格でメモリ4GB&ストレージ64GBのHTC U11 lifeもいいでしょう。

 

逆に、

 

「スペックは低くていいから防水&おサイフケータイ対応の安いスマホが欲しい」

 

という人はAQUOS sense liteもおすすめ。

 

 

CPUのランクが下がった以外、使い勝手はsense plusとほぼ同じ。

 

防水とおサイフケータイさえあれば良い、という人なら十分でしょう。 

 

 

HTC U12+

 

HTCから発売されたばかりのハイスペックスマホ。

 

Snapdragon 845に6GBメモリ、128GBストレージと基本スペックはZenFone 5Zと同じくトップクラス。

 

スペック重視のヘビーユーザーでも十分満足できるスペックです。

 

さらに凄いのがカメラ。

 

  • アウトカメラ:1200万画素+1600万画素
  • インカメラ:800万画素+800万画素

 

と、アウト/インともにデュアルレンズ仕様。

 

しかもその性能は非常に高く、カメラの性能を評価するdxomarkではHUAWEI P20 Proに次いで歴代2位の評価を受けています。

 

そして防水&おサイフケータイにも対応しています。

 

防水&おサイフケータイ対応の国内のSIMフリースマホではもっともスペックが高いです。

 

その代わり価格は約100,000円とこちらもかなり高め。

 

「防水も欲しいしおサイフケータイも使うしスペックも重視するしカメラにもこだわりたい!」

 

という欲張りな人におすすめです。

 

Moto G6

 

モトローラ製のミドルスペックスマホ。

 

auを含む国内3キャリアのVoLTEとDSDSに対応しているのが特徴。

 

さらにトリプルスロットなので、DSDSとmicroSDカードを併用できます。

 

スナドラ450に3GBメモリとスペックは標準的。

 

カメラはアウトカメラがデュアルレンズになっており、背景をぼかすことも可能です。

 

これで価格は29,000円ほどなのでコスパは良いですね。

 

上位モデルのMoto G6 Plusもありましたが、個人的にはg6のほうがコスパがよくておすすめです。

 

 

g07++ 

 

NTTレゾナントが展開する「gooのスマホ」ブランドの1つ。

au VoLTEは非対応ですが、なんといってもCDMA2000に対応しているのが最大の特徴です。

 

DSDSにも対応しているので、auの3GのSIMで安く音声通話、格安SIMのデータSIMで安くデータ通信、といった使い方が可能です。

 

値段も11,000円ほどとかなり安く、サブにもいいかもしれません。

 

しかし、当たりはずれや不具合が多く、レビューが結構荒れています。

 

正直紹介するか迷いましたが、現状SIMフリースマホでauの3GのSIMを使うには他にまともな選択肢がありません。

 

DSDSも使いたいとなると、おそらく本機しかないのではないでしょうか。

 

OPPO R15 Neo

 

OPPOから9月に発売されたばかりの新モデル。

 

HUAWEIやASUSのスマホに匹敵する高いコストパフォーマンスが売りです。

 

メモリ3GB版が25,000円前後、4GB版が30,000円前後と手頃な価格ながら、

 

  • Snapdragon 450搭載
  • 64GBストレージ
  • 国内3キャリアVoLTE&DSDV対応
  • トリプルスロット仕様でmicroSDとDSDVの併用が可能
  • デュアルカメラ搭載
  • 4,230mAhの大容量バッテリー搭載

 

などなど、かなり豪華な仕様です。

大容量バッテリーも含め、ZenFone 4 Maxの上位互換といった感じ。

 

3キャリアVoLTE&DSDVはZenFone 5、R15 Proと本機だけ。

複数キャリアVoLTE対応でDSDVが使えるのはZenFone 5、R15 Proと本機だけ。

トリプルスロット仕様も加えると国内ではR15 Neoだけです。

 

・追記:

3キャリアVoLTEと記載していましたがR15のカタログが訂正され、ドコモのVoLTEのみ非対応です。

 

申し訳ありません。

 

 

唯一気になるのは生体認証が顔認証だけという点。

まだまだ指紋認証のほうが精度が良いので、顔認証だけだと不便かもしれません。

 

逆に言えば、それさえ気にならないのであればかなりおすすめの1台ですね。

 

 

まとめ

以上、au回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホをまとめました。

 

ここ最近は増えつつあるものの、やはりドコモ・ソフトバンク回線と比べると数が限られます。

 

今回紹介した端末はいずれもau系の格安SIMで使えます。

 

au回線対応のSIMフリースマホを探している人はぜひ参考にしてください。

 

今後も、新しくau回線対応のSIMフリースマホが発売されたらどんどん追記していきたいと思います。

 

その他のおすすめスマホはこちら。

 

プライバシーポリシー